毎年恒例になりつつある室戸遠征へ今年も行ってきました。

金曜日の夜に田辺を出発。

和歌山港からフェリーで徳島に渡り、そこから陸路で室戸まで向かいます。

 

まずは港の近くのお決まりの『グリーンゴーナー』で腹ごしらえ。

IMG_1962

 

お腹も満たされたところでフェリー乗場へ。

すると、いきなりのトラブル発生!!

なんと、予定していたフェリーがメンテナンスでまさかの欠航。

そのまま陸路でいくか?
3時間、港で次のフェリーを待つか?
協議の結果、3時間フェリー乗場で過ごし、室戸に着いたのが予定より3時間遅れの朝5時前到着!!

 

直ぐに準備を整えて出船。

IMG_2008

かなりのハードスケジュールですが、久々の室戸遠征ということでみんなのテンションは↑↑

 

船長は浅場から順に探っていきますがアタリは無く、

100mラインまで来た時にイワッチに待望のHIT!!

IMG_1964

一瞬、カンパチかとも思いましたが上がってきたのはメジロ↓

IMG_1991

細いですがナイスサイズ
COSO JIG 120g(イワシ)
オーシャンキラーズ♯0

 

さらにイワッチ もう一本↓

IMG_1967

今度はなかなかナイスコンディション
COSO JIG 120g(イワシ)
オーシャンキラーズ♯0

IMG_1968

COSO JIG 丸呑みしてました。

 

そして今度は私に待望のアタリが!!

タイミング的にメジロかな?とも思いましたが上がってきたのは

ヒレナガカンパチ(70cmオーバー)

IMG_1988

オーシャンキラーズ♯2
COSO JIG 150g(シルバーピンク)

最近試してる硬めのオーシャンキラーズでリズム感のある1/2ピッチで食ってきました。
この組み合わせ意外といい感じです。

室戸遠征初のカンパチに満足感MAX(笑)

 

その後は一緒に行った松原さんがウッカリカサゴ(大)×②

IMG_1986

アヤメカサゴ

IMG_2009

COSO JIG 120g(イワシ)

など、パラパラつれましたがアタリも無くなり

 

最後はシャローでお土産のアカハタ狙いへ

これはCOSO JIG 80g、100gの独壇場!!↓

IMG_1981

COSO JIG 100g(スイッチグロー)

IMG_2010

COSO JIG 80g(アカキン)

IMG_2011

COSO JIG 100g(甲殻レッドMT)

IMG_2012

COSO JIG 100g(パープルタイガーMT)

COSO JIG80g、100gアカハタほんとに良く釣れます。

その他、メイチダイもGET↓

IMG_1984

COSO JIG 80g(イワシ)

 

そしてある程度お土産も確保できたので帰港しました。

結局狙ってたデカイ根魚は釣れませんでしたが、終わってみればマズマズの釣果になりました↓

IMG_1985

 

実は、翌日も乗る予定にしていましたが、悪天候が予報されていたのであえなく中止に!!

 

なので予定を変更して徳島ラーメン食べてその日のうちに田辺まで帰ってきました。

IMG_1987

 

今回の室戸遠征でもCOSO JIGの有効性が実証できました。今後も各地でいろいろなターゲットで検証していきたいと思います。

【タックル】
ロッド:オーシャンキラーズ♯0 ♯2
ジグ:COSO JIG 80g~150g
ライン:PE1.5号~2.5号
リーダー:シーガーグランドマックス7号8号、シーガー船ハリス12号

先日、マレーシアのEidiさんよりオーシャンキラーズ♯2でロウニンアジGETの報告が来ました!!

03-01-2016-20-22-40

03-01-2016-2025 -12

サイズはなんと115cm(推定30キロ)の大物です。

ロッドは

『オーシャンキラーズ♯2』

♯2は私がカンパチやブリなどの大型の回遊魚および中深海を想定して設計したロッドです。

写真でも分かるように、そのロッドを綺麗に曲げてロッドの力(粘り)を利用して釣り上げてくれました。

03-01-2016-20-24-44

03-01-2016-20-24-33

03-01-2016-20-25-03

03-01-2016-20-26-46

03-01-2016-20-27-07

 

オーシャンキラーズは設計段階から反発力(操作性)と粘り(強度)にこだわって作ってきました。

その結果として日本に住んでいる私ではなかなか体験できない30キロのGTをロッドを曲げた状態で

釣り上げてくれた事に開発者としてとてもうれしく思います。

そして、いい強度テスト(実証)になりました!!

Eidiさんありがとうございます。