» 2010 » 4 月のブログ記事

いろんな意味でスポーニング好き。
オヤジトーナメンターの稲垣です。

試合当日。
心配した水位は維持され一安心。
が、一般アングラーが予想以上に多く
あのわかりやすい場所が発見されないか心配する。

フライトは比較的早い方だったので
迷わずダムサイトのアイツをやっつけに行く。
その途中でプラで見えていた魚をチェックしたが
浮きゴミが邪魔でルアーが届きそうにない…。
他の場所がダメなら、またココに来ようっと。

本命の場所に到着。
プラでプレッシャーがかかっている可能性があるので、そーっと…。
陽射しの入り方がビミョーでちょっと見えにくい。
しかも昨日より少し濁りが入っている。

メスは相変わらず深く、沖をフラフラ。
ということは、オスはまだ居てる?
ここでセクションスリーレンズが本領発揮。
絶妙のコントラストでバスの背中が浮かんで見えます。

スクリューベイトでスイッチが入ったら
9gテキサスでクチを使わす作戦。
で、すぐにスイッチが入り、ものの数分でキロフィッシュをゲット!

念のため、さっきの場所を見に行くが浮きゴミに流木が加わり
こっちがイライラしそうなので、スグに見切る。
また風が吹いたら戻ってきますわぁ…。

本湖周辺がメインだったのでBWまでのロングランは必要が無く
移動にとられる時間が少なく時間に余裕があるので
プラで見つけたエリアをランガンする作戦。

次は会場前へ。
普段は駐車スペースとなっている場所だがこの水位であれば
このフラットエリアにスポーニングがらみの魚がさしてくるはず。
スタート直後はプレッシャーでクチを使わないことを予想し
あえて時間をずらして入ったつもり…。
しかし数名の選手がすでに入っており
バイトが遠く状況を確認するのみに…。

今津橋上流へ移動。
しかし先行者が入っており
すでに昨日のサカナを獲られたあとかも…。
そのサカナはシャローにあがってウロウロお相手をさがしている様子。
しかもそのルートは固定しており
ボートが近寄るとピューンと深場に…。

コイツの獲り方を色々考えた結果
気付かれないように、その絶対通るルートへロングキャスト。
木陰の隙間にある陽がさしている場所で
魚影が確認できたらワンアクション。

ルアーはシルエットがはっきりするカラーを選択。
あとは発見してくれるのを待つ。
ココでもセクションスリーレンズが大活躍。

アタリは無くラインをスーっと持って行く感じ。 フッキング!
冠水した木がボートの真下にあるので
少し沖に誘導してランディング。
こいつもキロフィッシュ。
予想以上のラクな展開に半ニヤケでリミットメイクを目指す。

20100425132323

?

風吹けぇ~ ちょっとだけ吹けぇ~

つづく…。

今日の一句♪
『前の晩
 水位が気になり
 眠れない
 朝イチあいつを
 やっつけよ』

に参加して来ました~~~(^o^)丿s01

?

さて今回の七川ダムですが超満水のワシャワシャだらけ・・・

ワタクシの記憶が正しければ超満水の状態で水位を維持しているのは

2004年のGW!
同時期やん(^。^)

その記憶をたどって前日プラに

こんな超満水でも過去のBWパターンを持っていたので

一番魚の濃そうな本流BWへ 。

五郎橋付近↓

s02

途中付近↓

s03

本流最上流↓

s04

・・・あれ
今年は天候不順で湖の状態が違うようです・・・・・^_^;

これはえらいこっちゃと他の筋も見に行って来なと、
えっちら、おっちら、普段の倍を掛けて逆戻り・・・(>_<)

お昼過ぎにようやく平井筋に到着
最上流です↓

s05

こちらは変温ラインが最上流と近くお魚さんとも出会え、

口を使ってくるか確認だけし、下りながら、もう1箇所見つけ添野BWへ

s06

?

こちらも難しいながら、口を使ってくるか試し、

上手くいけばどうにかなるかと思いつつ、本湖で何見つけとかなと思ってたにも関わらず、
何時も以上に移動に時間を掛けてしまったため時間切れ

プラでは○ボウズ・・・(*_*)

?

?

明けて当日
一番魚の濃かった添野BWへ
1番乗りで入れたのですが夜冷え込んだ影響か昨日よりは魚が薄い・・・

何かベイトが追われてるような跳ね方をしたので、

ベティのネコリグをキャストすると!

Hit

早い時間に900gを獲る事が出来一安心(^。^)

?

その後見えバス相手に あの手この手と攻めて見ますが
後一歩が中々詰まらずただ・タダ時間だけが過ぎるばかり・・・

残り時間もあと少しで平井BWへ大移動するも

最上流は水温が昨日より下がってて・・・

?

下りながらもう一箇所見つけてた魚を狙いに行くが

3度口を使わせるもフッキングミス・・・ええ魚やったのに(*_*)

戻るのに何時もより時間が掛かるので少し早い目に戻りながら、

よさげな所を打って行きますがお魚さんには出会えず・・・

時間切れ終了となりました。

?

結果は1尾 900gで9位

s07

表彰式が始まるまでおにぎりを正座しながら・・・
表彰式も引き続き正座で
耳をかっぽじって聞いていました

s08

表彰台の凄い方↓

s09

優勝の稲垣プロ&お立ちの皆様
あの状況で凄すぎです
おめでとうございました~~~(^o^)丿

今回も非常に勉強になったので次に向けて頑張りたいと思います~

参加された方お疲れ様&ありがとうございました。

畳の上より腹の上で…。
なんやかんや言ってもフネの上で死ぬ確率が高そうな
オヤジトーナメンターの稲垣です。

和歌山チャプター第2戦の報告を…。
まずはプラから。

二津野ダムから七川ダムに会場が変更され
頭ん中は過去に釣れたパターンやエリアの事でイッパイ。

しかし急激に増加した水位が
どう影響するかがキーになることは確実。
ある意味、プリプラに入れなかったことで思い込みがなく
前日プラはサカナのポジションを探すことに専念することができた。

現地に到着してみると今まで見たこともない水位で
本流バックウォーターはその時点で消去。
で、まずは本湖から…。

案の定、カバーだらけで
『どんなカバーについているか?』から探っていく。
今までにない水位なのでカバーの下の地形や地質がわかりづらい。

数少ないインレット周辺の浮きゴミにテキサスリグ9gを…。
ポロって釣れた。 800gくらいか?
うーん。 インレットはみんな撃ちそうやしなぁ

ダムサイト方面へ
水位が上がって普段は岬になっている場所へ行くと
少し沖の深いトコにメスらしき魚影を発見!
いろいろやってみるがクチを使う様子がなくオスを探す。

いました。 水深1mの松の木の根っこのトコに…。
ロックしているか試しみると、どうやらできたてホヤホヤの様子で
反応は上々。
こりゃ簡単に獲れるな…。
反応だけを確認してガマンガマン…。

似たような場所を探す。
急激に水深があがったので見える水深はテッテー的にチェックする。
すぐに2箇所目発見。

しかし浮きゴミと木の枝が邪魔して撃ちづらい。
反応もマズマズ。 使えるかな?
メスは見当たらないし…。
サイアクの場合はココに来ようっと…。

探せばそれっぽいスポーニング絡みの魚がおり
場合によっては試合中にも新しい魚も発見できるかも。
あとはそういう場所の確定作業を…。

シャローをチェックしながら行くと
警戒心が強そうなヤツや
すぐに産卵行動に移りそうなヤツを数匹発見。
コイツらが明日どう変わるかやな。

まあまあの感触を得て上流の魚を確かめに行く。
一番距離が短く近い添野川へあがってみる。
いっぱいいますがな(汗)

数はいてて、サイズもまあまあ。
しかし、反応はイマイチで自分にはチョット難しそう。
優勝するにはコイツらが影響するんやろな…。
おそらく他の選手にもこの魚は見えてるやろさか
プレッシャーがかかり余計に釣りづらくなることは確実。
サイアクのサイアクの事を考えて
どうやったら釣れるかやってみたが喰ってくるのは
狙っているサイズではなく400gくらいまでのチビ。
やめとこ…。

残る時間を平井川上流や黒谷で過ごし
最後は生コン前で終了。

他の選手はあまり釣れていない様子で
あとは明日までこの水位を維持してくれることを願う。

今日の一句♪
『プラ王に
 ならないために
 残しとこ
 噴き出しそうな
 ガマン汁』

所属チームの開幕戦が二津野ダムで開催され参加してきました(^o^)丿

に参加してきました

dsc00459

結果は!ノーフィッシュ・・・(>_<)

朝ちょこっと聞いた状況では厳しいとの事だったので

おっきいのを1本でもと思い、西川へ

見えてる魚を見つけるには時間は掛かりませんでした!

明らかに50Upを何本か見つけアプローチ

難しいながらも、
1本良いサイズに前日届いたベティネコで口を使わせるもラインブレイク・・・
(その後、手震えてリグれませんでした)悔しいぃ~~~(>_<)

その後はペースが乱れ・・・

幾度となく口を使わせるとこまで行くものの・・・
フッキングミスやら、キャストミスやらetc

試合中何時もだったら水分とか取るのですが、今回は飲まず食わず・・・

一滴も取らず?
取れず頑張りましたが^^;

試合中にはブラックバスを釣る事が出来ませんでした。

次、又練習して頑張ります!

試合中にも次の日の仕事の段取りを考えてしまう
悲しい悲しい中間管理職…。
オヤジトーナメンターの稲垣です。

2日目。
e5af8ce5a3abe5b1b1e380802e697a5e79bae

どーしても、あのバスをやっつけたくて
性懲りも無くハワイエリアへ…。
プレッシャーがかかりきらない朝イチ勝負にでる。

当然、ジョイクロ。
あたり一面、手当たり次第360度投げまくりです。
そのせいなのか他の選手は近寄って来ようとはしません。
(スミマセンでした)
最初の10投くらいは追っかけて来たんですが…。

ひと通り、気のすむまで投げ倒し
次に社長が河口湖遠征に間に合うように作ってくれた
プロトのKAITENダウンサイジングモデルをキャスト。
e382b3e3839ee383afe383aae5909b1

(通称こまわり君って呼ぶことにします。)

数個のプロトのうち自分のイメージどおりの水深を狙えるものがあり
フルキャスト&スローリトリーブ。
3mラインを流していくと『ゴゴン』ってカンジのアタリが!
すかさずフッキング!  フッキングミス…。
心臓バックバク。 
おっさんにとってはカラダに悪いですわぁ

『くぅ~…。』天を仰いで深呼吸。
今度は角度を変えてキャスト。
またまた『ゴゴン!』
『うりゃ~』ってフッキング! えっ またぁ?

『こまわり君』がパトロールを終え帰ってきました。 
フックにウロコが!  ヘラ…。 ばかぁ。。。

早い段階でこの場所を見切り気を取り直しランガンしてみる。
5カ所目くらいに向かう途中、信号下で『三プ王』を発見。
横に入ってライトリグを投入してみる。
数投目にルアーを回収している途中でバイト。
何がなんやらワカランうちに700gサイズが釣れちゃいました。(汗)

今年はラッキーフィッシュばかりか?
ウェインできると、喜んだのもつかの間。
バスが横に傾いて浮いてきてます。
エア抜きをして看病しましたが容体は変わらず
試合の残り時間が気になります。

そうかぁ 意外とポジションが深いんやぁ
それに気付いてから少し深い場所も攻めてみる。
しかし反応は無いまま時間が過ぎていった。

しかも対応力不足でした。
1匹のバスが教えてくれていたのに…。 
答えはミドスト。
苦手な釣りなのでシフトするのを躊躇したのが敗因です。

帰着&ウェイン。
最後の最後に貴重な1匹のエア抜きに賭ける。
しかし、ご機嫌ナナメのままで100gのペナルティ。
どうやらエアが体内に回ってしまったようでした。
730gでマイナス100gの630g。

e8b2b4e9878de381aa1e58cb9

?

影のあと、このバスをリリースしたんですが
信じられないほどのスピードで帰っていきました。(怒)

今日の一句♪
『自分には
 足りない多くの
 テクニック
 マスターするには
 あと何年?』
 
戸籍上第1号夫人曰く
『67歳までもつきあえません。』とキッパリ。

確変が終わって成績が通常ノーマルモード…。
時短モードの気配も無かった
オヤジトーナメンターの稲垣です。

プラを終えて食事している最中に
緊急天気予報通知の連絡が…。
アメフラシ気象台主席予報官から直接電話があり
激励を兼ねて、なぜか半笑いな感じの声で警報が発令されました。

で、朝起きてみると予報通りとんでもない事になってます。
e99baa

せっかく咲いた桜の花に雪が積もり
パッと見は、まるで『しだれ桜』の様です。

e99baae38080e38195e3818fe38289

南国育ちのおっさんは雪かきを初体験しました。
試合の方は中止されることなく
11時スタート、15時30分帰着に変更されました。

?

e382b9e382bfe383bce38388e5898de38080e5889de697a51

プラで魚を見つけたハワイのシャローへ直行。
ウロウロするビッグバス狙いです。

ジョイクロをフルキャストし、スロー引き。
何度か追いかけて見には来るが距離が詰まらず反転…。
獲れれは確実に50UP。
複数のバスが見に来るも、ぜ~んぶ寸止め。

標高が高いせいか
朝から頭痛がひどく、集中力が持続せず
エリアを変えたり、ライトリグに持ち替えたりしたが
ノーバイト ノーフィッシュ。 完全チーン。

今日の一句♪
『ランガンで
 攻めるつもりが
 予定外
 朝からガンガン
 偏頭痛』

その晩、バファリン飲んで寝ました。

七川ダム

| 谷口 |

行ってきました(^o^)丿

午後から3時間だけ・・・(>_<)

100416s01

急いで準備して15時にスタート

友人にボウズくらえって言われるのが嫌なので

とりあえず魚の見えるであろうBW目指し畝ヶ崎下流からスタートするも・・・

反応が^_^;

やっと本流スロープ付近で見えブラックバス発見し、まず1匹。

100416s02

?

その周辺から最上流まで、サイトで50cm近いの2本とアベレージに

口を使わせるがすっぽ抜け・・・

前回使ったフックのまま変えてませんでした・・・(-_-)

その後、自分で追っかけまわし過ぎでプレッシャーを掛けてしまったため?

めっちゃ苦戦

ようやく↓を獲り

100416s03

友人に、「えぇの、添野に居たよ」と聞いたので行ってみるも

時間帯なのかそんなおらへん・・

100416s04

おまけに、ちょろ・ちょろ居るお魚さんも難しく

30cmのを1本釣って終了となりました・・・(>_<)

100416s05x

水温も先週から一気に17℃台までに。

どうやら産卵行動に入ったみたいですね?

ライブウェルの中でも↓

100416s06x

(^3^)/チュッって感じ・・・

月末のチャプターまでには何か見つけたいですね!!

七川ダム

| 谷口 |

に行ってきました~~~(^o^)丿

100406s01

工事の為の減水が続いていた七川でしたが、

ようやく工事も終わり水位も平水まで戻ったと思ったら

まとまった雨でめっちゃ満水^^;(またワシャワシャかい・・・)

そのタイミングで釣行して来ました~

?

雨の影響で本湖は濁りがあり、流木等も多く釣りしにくいし!

と言う事で、好きなサイトで大きいのだけを狙おうと、BWメインに!

まずは黒谷中流から最上流まで打っていきますが・・・

チェイスもバイトも無く^^;

100406s02

畝ヶ崎上流まで移動

100406s03

魚の姿もチラホラ

でも音に敏感で着水で逃げていきます・・・

?

本流スロープ前のアウトサイドで

ジョインテットクロー178・15SS

(リアルアマゴ←今回は忘れずに持ってきました???)を

一旦、土のバンクに優しく落とし、優しく着水!

?

 バイト!

100406s04

48cm、1700gをGET

100406s05x

その周辺で何本か獲り、さらに上流へ。

何本かいいサイズが居るのですがクリアーで警戒心が強い魚・・・。

付かず離れず追っかけてステイするポイントを読んで、

ビックスパイダーをキャスト!

スぅ~と寄ってきてバイト!

52cm、1900gをGET

使用ロッドはキッシング!

100406s06

100406s07x

100406s08x

数尾追加し、添野BWへ移動、湖面から桜も見てきました(^o^)丿

100406s09x

100406s10x

添野は水温が高く、サイズの小さいのが入って来ていて

サイズのいいのが見えて居なかった為

100406s11x
↑位のを数尾獲り(ここのは簡単に口を使ってくれました)平井BWへ移動。

100406s12

此方はいいサイズが多数(^o^)

短時間で6尾獲り!!

最大はビックスパイダーNSでの2㌔ハカリを振り切る53cm!!

100406s13

?

ちゅうべー専務!ビックスパイダー残り1本になっちゃいましたよ!

また宜しくですm(__)m

100406s14x

100406s15x

獲った魚は多分14尾?もうちょっと釣ったかな?

100406s16x

良いの5本で約9キロの釣果でワタクシとしては大満足の釣行でしたよ(^o^)丿

に参加してきました(^o^)丿

?

で、結果はノーフィッシュ・・・(>_<)

超大増水の椿山を攻略する事は出来ませんでした。

100401t01x

100401t02x

プリプラ・プラ・試合とブラックバスの顔を見ることも無く・・・

試合当日もアマゴだけはスリーバイトの1フッシュ・・・^^;

近くにブラックバスは居たのによう合わす事が出来ませんでした。

第2戦も和歌山チャプターでは初めての二津野ダム!

頑張ります~~~