» 2010 » 6 月のブログ記事

よりによって…。

| 稲垣 |

無くしたメモが出てきた!
が、書いてる内容が意味不明…。
全くもって役立たず。 逆に気になって眠れなかったりする
オヤジトーナメンターの稲垣です。

今日は朝イチから気分ワルイことが…。
原因はコレ。
e887aae8b2a9e6a99f1

職場の真横ある自販機ですが
一部残っていたホットが
“ひやこい”のに切り替えられました。
(ひやこい=冷たいの意味です。)

それと同時にいつも飲んでる缶コーヒーがクビになりました。
それを知らないオヤジは朝の一杯を楽しむため
120円を投入し『いつもの…。』を探します。

なっ 無い! いつものコーヒーが…。
誰や! (業者さんに決まってますが…。)とアタフタ…。

行き場の無くなった人差し指は
自販機前でコーヒー難民となり
新規開拓を余儀なくされたのでした。

しかも取り出し口を開けたとき
アマガエルにオシッコかけられたし…。

今日の一句♪
『知らぬ間に
 好みの味が
 リストラに
 明日は我が身か
 わからない』

感謝。

| 稲垣 |

プロアクテ○ブのフリーダイヤルって
なぜ2つあるのか理由を電話して確かめてみたい
オヤジトーナメンターの稲垣です。

今月も教材が届きました。
dscf0220

自分に足りないものをこの教材で吸収したいと思います。

今日の一句♪
『教材の
 情報量を
 活かせるか
 結果残して
 恩返し』

○タ○様、○ズ○○様 結果を残せるようガンバリマス。

『名は体を表す』vs『名前負け』 
好きな女優さんと同姓同名の方に会いました。
共通点といえば性別がということだけ…。
期待ハズレもはなはだしい
オヤジトーナメンターの稲垣です。

ちなみに女優ってのは『フツーの』です。
フツー以外の女優って ウマく説明できませんが…。(笑)

今回はハッチの取っ手の取りつけ編。

取っ手はこのタイプを使用しています。
e3838fe38383e38381e381aee58f96e381a3e6898b

このタイプはコスト的に安いとは言えないので
好みのモノをホームセンターとかで探してみてください。

なぜこのタイプを採用しているかというと
比較的簡単に取り付けられるから…  デス。

取り付け方ですが
オヤジの場合、デッキのコンパネに穴を開けてしまいます。
e3838fe38383e38381e381aee8a38f

(タッカーを打ちまくっているでしょ?接着剤で止めるの面倒だったんで…。)
準備するのはドリルとホールソー。
取っ手の深さ分、デッキを掘り削るという方法もありますが
その場合、そのミゾに水が溜まる?のがイヤなので…。
(そこからデッキが傷んできます)

オヤジの場合、面倒臭いのもあって
ホールソーで貫通させてしまいます。
雨水等はデッキ下へ落としてしまおうって魂胆です。

ホールソーは色んなタイプのがありますが
e3839be383bce383abe382bde383bc

重要ポイントは取っ手とのサイズがマッチするか?デス。
穴が大きすぎるとネジが効きません。
逆に小さすぎると穴を削ったりしなくてはいけません。

ほかにはこんなモノも売られています。
e3838fe38383e38381e383aae38395e38388e38394e383b3

これはストレージには不向きです。
今回使おうかどうか迷ったのですが
結局使わずじまいのムダ使い…。

取り付けは超カンタン。
ドリルで穴を開けて通すだけ。

今日の一句♪
『少しずつ
 大工のウデは
 あがったが
 あいも変わらず
 釣りはヘタ』

テスト

| 稲垣 |

そろそろネタ切れすると思ってるでしょ?
ネタ帳が見つかってニンマリの
オヤジトーナメンターの稲垣です。

今日は雨の中 七川ダムへ行って来ました。
目的はいろいろありまして…。

ロッドのテストやら
シャロークランクのテストやら
マスオさん?のテストとか…。

dscf0217

?

楽しませてもらいました!

今日の一句♪
『雨の中
 カッパの臭さを
 ガマンして
 こそこそテスト
 してました』

再び…。

| 稲垣 |

時には予告編でコト足りてしまう
オヤジトーナメンターの稲垣です。

再び、舟大工ネタを…。

デッキを作るとなると
採用しておきたいのが『ストレージ』ですよね?
dscf0195

ここで問題になってくるのが
『ストレージのハッチをどう固定するか』デス。

オヤジは蝶番(丁番・ヒンジ)はこのタイプを使っています。
dscf0212

詳しくはコチラ

理由はいろいろあって
①まずは材質。
 サビに強いステンレス素材を選択するのは当然ですよね。
 もちろんネジもステンレス製を使用します。
②次はヒンジ部分の遊び。
 ココはかなり重要で、少しグラつきがある位のタイプがベターです。
 固定するデッキ素材は木材(コンパネ)なので
 精度が高すぎると開閉時に固定したネジの部分に
 負担がかかり過ぎたりして
 ネジ止めした部分からデッキが割れてきたりします。
③ヒンジ部分からネジ穴までの距離。
  コレもまあまあ重要でコレが近すぎると②と同じ理由で
 ネジの止め位置が端っこに近いとソコから割れてきやすいです。
④取り付けが簡単。
  殆どの場合、ハッチ1枚に2個、この蝶番をつけますが
  キチンと一直線上にヒンジ部分を揃えなくても
  (少しくらい歪んでいても)問題なくハッチが開閉できます。
⑤ネジ穴の数。
  これは固定に必要最小限の方がいいと考えています。
  たくさんあったら、そこからデッキが割れてきてしまったりします。
 事前にキリかドリルで穴をもんでおくと
 こんな心配も減るんですけどね…。
 前にもデッキのコンパネの厚さについて書きましたが
 ?ここでもその理由が関連してきます。

いい事ばかりではありません。
デメリットとしては
 ヒンジ部分が少し大きいのでツライチにしたい方には
 このデッパリ具合が気になるかも…。
 最初のうちはロッドがこの部分で痛まないか気にしてましたが
 邪魔に思ったことは無く
 コレが原因で何かあったってコトは全然ありません。
 踏むときゃ踏むってカンジです。

あとは見た目。
このへんはセンスの違いとかあるので…。
どーしても金具が見えるのがイヤって方は
手間ヒマかけて埋め込んだりして
その上からカーペットを張るっちゅうワザもアリですが…。
その場合、デッキの一部が傷んだ時に交換が面倒になります。

今日の一句♪
『しょうもない
 部品ひとつに
 こだわって
 手間ヒマかけて
 金かけて』

まぁ自己満足の世界ですから…。

試合後に…。

| 稲垣 |

ホントはA○B48のメンバーの名前ひとりも言えません…。
ウケ狙いで使ってみたら
意外な方が喰いついてきて ちょっとビックリの
オヤジトーナメンターの稲垣です。

表彰式の途中でナント珍しい光景が…。
マスターズ戦でもまず見かけないギャラリーらしき
男子2名がお立ちの選手のインタビューを聞いています。

うれしいことやな… と思っていたら
後から聞いたのですが この男子2名は
閉会前に選手全員で行うゴミ拾いに自主的に参加してくれたらしく
それを聞かされたとき ムッチャうれしかったです。

で、更なるサプライズが…。
予定していた試合のスケジュールを消化しマッタリしていると
先ほどの男子2名が近寄ってきて

男子A 『スミマセン。写真撮らせてもらっていいですか?
      谷口選手とでお願いします。』
オヤジ 『え?』
男子A 『オヤジトーナメンターさんですよね?
      ブログ拝見してます。』
オヤジ 『エロいの好き?』
男子A 『…。   ハイ…。』

で、今大会のウィナー谷口選手とパチリ。
一瞬、クリボウの策略か?と疑ったが…。

色々と言われているバス釣りですが
この若い2人の礼儀正しさとかをみて
うれしい反面、これから自分がしなければいけないことを考えると
身が引き締まるような出来事でした。

今日の一句♪
『バス釣りを
 広めるチカラは
 無いけれど
 守っていきたい
 この釣りを』

ええなぁ ええカンジやなぁ…。

試合編のつづき…。

| 稲垣 |

“オヤジトーナメンター”で検索。
まぁまぁ納得のいくポジション?になってちょっと満足の
オヤジトーナメンターの稲垣です。

つづき…。

朝と釣れるサイズがあまり変わらず期待ハズレ感MAX。 
対岸に移ろうとする直前の最後の一投的キャストを
ゴロタへ向けてキャストした時、小さなバイトが…。
すこし送り込んでからフッキング。

即行ジャンプ!
ルアーだけがオヤジの横を通り過ぎて後へ飛んで行きました。
推定ヨンゴーくらいか…。

そのエリアをしつこく攻めるもサイズも元に戻り
回ってくる気配もないので
もう一度黒谷に行った後に
このエリアに入り直し最後の場所候補に…。

再度、黒谷に入ってからポロポロ釣れるが
前回と状況はあまり変わらず
マメだったり、バレたり変なリズムに…。

最終的には帰着時間までイロイロ試したが
なーんも起こらず チ~ン。

帰着&ウェイン。2361gで13位。
dscf0210

プラに入って変な先入観が邪魔をし
反省点が多い試合にしてしまいました。

ウェインでフック呑みを確認してると
アユのシッポが見えたでかいバスが2匹いて
自分の釣りが大外ししていることを痛感させられました。

優勝は“しんちゃん”こと谷口選手。
なんとウェイトがレコードを大幅に塗り替える5910g!
BWでボコボコにやっつけたみたいです。
おめでとう! しんちゃん!
やっぱりスポーニング真っ只中のオトコはひと味違う!

今日の一句♪
『激変に
 アジャストできず
 大外し
 問題点が
 浮き彫りに』

金曜日に大雨が降り大増水、水位も急上昇。

プラス、放水量アップ↑

前日のプラで本流に上がりますが、濁りが酷く、
中流域でも水温が先週23℃あったのに16℃まで下がり、

それでもBWを目指し、途中でも何か見つけようと釣りあがりますが反応は無く、
BW付近のクリークで㌔ぐらいを2本掛けるもバラし、
周辺で色々試してみますが反応は無し。

他の川筋も見ておかないと、と添野筋へ移動。

こちらでもBW付近で㌔ぐらいを掛けますがバラし
本湖も釣り下がりますが反応は無く、
何も見つけられないままプラ終了。

夜、試合の準備をしながら試合のプランを考える。

先週のプリプラ時ぐらいまで減水はしているものの、
天気予報では夜にかけて又まとまった雨が降る予報。
(降ると濁りが消えないかも、本流の西川も降水量多い)

降らなければ本流BWもアリかなっ、とも思いつつ、

変温ラインと、BWが遠いのも気がかり。

まずは本流BWへ上がり、プラで掛けたお魚さんを捕りに行って

後は早い目に他のBWへと思いつつ、弱気なプランがもう一つ頭に。

?

明けて当日、減水が続き、前日より約-5㍍。

__iso-2022-jp_b_jzewgyrcisfpqjjoozmlqsvjjvclpye8gyhcmxskqkbvtsubkei___-__iso-2022-jp_b_gyrcpiebkeigkdeplmpwzw____

急激にフィールド状況が変わる中、試合開始。

フライト順が悪く、弱気なプランでスタートすることに。

?

昨日行ってなかった、平井筋中流から釣りを開始しますが反応は無く、
(ココで1本目と思ってたのにな~)
仕方なしにBWに向けて釣り上がり、中流の流れのよれる場所で思いがけない1400㌘をゲット。

これで気持ちが落ち着き、更に釣り上がりますが反応は無く、
やっぱりBWはだめか・・・と思った時、吊橋下岩盤付近でボイル!

ベティーのネコリグで800㌘をゲット。

その後、最上流の激流の中のよれにジョインテッドクロー178を投げ、

ジャークで1200㌘をゲット。

少し下流の流れのよれでステイする良いサイズの魚に、ベティーのNS(ワッキー)を投げ、

シェイクさせると1900㌘を捕る事ができ、

魚の差すポイント3箇所

dsc00539

①上流の流れの速いところは元気の良い、800~1200㌘位の魚
②浅い所から岩盤にベイトを追い込んでるのは800~㌔位の魚
③少し下流の流れのよれにもっと良いサイズが入ってくることが分かり

800㌘~1600㌘までを8尾ぐらい捕り、入れ替えをしながら少し下流の

流れのよれに入ってくる、2尾の2㌔超えをベティーNS(ワッキー)で捕る事ができ、

__iso-2022-jp_b_jzewgyrcisfpqjjoozmlqsvjjvclpye8gyhcmxskqkbvtsubkei___-__iso-2022-jp_b_gyrcpiebkeigkdiplmpwzw____

__iso-2022-jp_b_jzewgyrcisfpqjjoozmlqsvjjvclpye8gyhcmxskqkbvtsubkei___-__iso-2022-jp_b_gyrcpiebkeigkdmplmpwzw____

↑生意気にも・・・試合中に撮ってしまいました・・・

結果は!自身の持つチャプターレコードを上回る

3尾5910㌘で優勝する事が出来ました。

__iso-2022-jp_b_jzewgyrcisfpqjjoozmlqsvjjvclpye8gyhcmxskqkbvtsubkei___-__iso-2022-jp_b_gyrcpiebkeigkduplmpwzw____

__iso-2022-jp_b_jzewgyrcisfpqjjoozmlqsvjjvclpye8gyhcmxskqkbvtsubkei___-__iso-2022-jp_b_gyrcpiebkeigkdeyks5qcgc___

何時もだったら、これくらい釣ったら大丈夫だろうと思ってしまい

ダラダラしてしまうのですが、

今回は所属チームの(レイジー)のメンバーから刺激を貰ってたのと
(今回、準優勝のメンバーに前回のレコード抜かれてましたし(^_^;))

朝、三プ王さんから次はしんちゃんやで、って(*_*)言われたのを思い出し、

もっともっと入れ替えしたる!と思い、最後まで集中力を切らさず釣りすることが出来ました。

参加された方、お疲れ様でした&ありがとうございました~~~☆

?

タックルデータ:

ネコ用、NS用共に
キラーズ00、メルト
ベティー#17(セクシースモーク)

ジョインテッドクロー178F(菊元ウグイ)
キラーズ00、デッドソード

そして今回大活躍のこちら↓

kissing-eye_green1

GAN CRAFT KISSING EYE

明るくなったり、暗くなったりの状況だったのですが、これ一本でOKです☆

ビール酵母で生体実験。
量よりイキオイ重視の
オヤジトーナメンターの稲垣です。

で、試合当日。
朝、会場に着くと減水で昨日の景色は一変。
約5mの減水で七川名物?の泥んこランチング大会…。

フライト順は まぁまぁ良くてなんなくポイントへ
本流と平井川のインターセクション岬周辺から攻める
しかし風が強くボートポジションの安定もままならない。

プラではアタリが殆んど出なかったので
この風ではアタリをとるのは至難のワザ。
時々大きくロッドを持ち上げて
スラッグを調整しながらバイトの確認。

ソッコーでリミットメイクするもウェイトはトータルで1500gくらい
サイズが上がらないのと強風を避けるために早めの移動を決断。
ゲームプランは拾い釣りだったので
移動しながらもキャストしつづける。

キャスト数をかせぐうちに、何かヒントを見つけ
アジャストできれば…  と考えていたが
それ以上に七川ダムの状況は急変していた。
というよりも変化し続けていたと表現する方が正解か。

移動中にも何本かヒットするが
入替サイズには程遠い。

この変化で期待をしていたエリアがあった。
通称『死の谷』黒谷のクリークへ
普段は他の川筋と比較して水の流入量が極端に少なく
個人的なイメージではいつもどんよりしているエリア。

いつもはそんな黒谷だが
今回のような急な増水や減水時に
とんでもないポテンシャルを発揮することがある。
そんな期待をして黒谷へ入ると
同じ考えの選手が数名。

ベイトの反応もあり、時々発生するボイルで期待度はアップする。
あきらかに他のエリアと生命感が異なるので少しネバってみる。
ゆっくりと反応をみながらチェック。

数投目で入替サイズが入る。
その一匹を入れた時点で他の選手が『いいなぁ…。』
ん?ということは、あまり釣れていない?
タイミングなのか?

黒谷をウロウロし終わり 出て行こうかなと考え始めた頃
ラインをスーっともっていくアタリが…。
フッキングと同時にトルクのある引き

待望のキロフィッシュが姿を見せた!
チョット潜られたりしたが、ランディングに成功。

その後、すぐに入替サイズが釣れたりしたが長続きせず
風も弱くなってきた様子なので朝イチのポイントへ戻ってみる。

朝イチとは違い雰囲気も一変。
岬に程よいカンジの風が当たり
ベイトが寄せられ新しいサカナが回ってきていることを期待させる。

シャローを確認するとバスの稚魚?が確認できた。
昨日から釣れていたのは稚魚守りなのか?
そういや痩せた魚体が多いかったのはソレが原因か?

つづく…。  

今日の一句♪
『考えが
 柔軟性を
 欠いていく
 経験頼りの
 ガンコ者』

に参加してきました~~~

結果は自身の持つ和歌山チャプター・3尾ウェイト記録を更新し優勝することが出来ました!

caa84930

__iso-2022-jp_b_jzewgyrcisfpqjjoozmlqsvjjvclpye8gyhcmxskqkbvtsubkei___-__iso-2022-jp_b_gyrcpiebkeigkdm5ks5qcgc___

繊細は又、後日書かせて頂きますね!