» 2010 » 11 月のブログ記事

癒しのキス

| 杉田 |

急激に体重UPしている杉田です。

まだまだ成長期・・・・と、言うコトにしといて下さい。

先週の紀伊半島王座で、

難しいながらも落ちキスが釣れるとのお誘いがあり、行って来ました。

朝はゆっくり目に、10時前から釣りを開始。

仕掛けは、PE0.8号にキス天秤+錘3号&2本針(9号)です。

北風が強く、ラインが流されて釣り辛い状況でしたが、

直ぐに釣れたのは、ピンキス。

今年は水温が高いせいなのでしょうか?

難しいと聞いていたのに、あっさり釣れて拍子抜けしましたが、

2匹釣れた所から、バイトが遠く移動。

?

移動先は、激アツエリアで1投目から20cm前後の

ナイスサイズが連発!

中層にサスペンドしてる感じが強く、ミドストだと、メッキの猛攻

に合うので、リフト&フォールのリフトを高くとって、

カーブフォールで喰わせました。

この狙い方一つで釣果に雲泥の差が生まれるのが、

キス釣りの魅力の一つなのです。

image101130002

この美しい魚体に萌えーーーーー

昼飯休憩後も同じエリアに行き、イイ感じで釣れたトコで

タコ狙いに変更しましたが、タコは残念ながらノーバイト。

と、言うかどーやって釣るのか分からん(汗)

次回に要修行です。。。

釣果はキス19匹にキス釣ってて外道で来たタコ1匹で終了でした。

タコはタコ焼きで、

image101130004

キスは竜田揚げで

image101130005

黄色い液体とベストマッチでした。

そりゃ、太るわ(笑)

サイズ Up

| 谷口 |

夕方少しだけエギングへ♪

ポイントに付き
直ぐに当たりはあるが乗らず・・・

少しして餌木邪で700gをGet

pap_0128

pap_0131

後、200gを追加して終了

pap_0127

1時間程の釣行でしたがサイズUp成功!

次は数釣り?頑張って来ます~!

14469335_866006114_123large

今年の秋は厳しいとの声が聞こえる今年の七色で
どれだけ自分の方から魚に近づけるか。

いつもの様に受付を済ませ、フライト抽選で

14469335_866014605_133large
前回(チャプターではありませんでしたが)とのギャップに困惑。

対赤のカードとの先行争いにも勝利し、本当の一番ダッシュスタート!

発電所対岸より下流に向けランガンして行きますが
反応が無かったので対岸へ

インレットの絡むガレ場にキャストするとキーパーギリギリサイズをゲット。

周辺で少し粘りましたが思うような反応が無いため、大又へ。

過去のこの時期に魚を触ったポイントを周りますが、反応は無く
西の川へ入り、岬付近のシャローガレ場に見えている魚は居るものの
パターンの発見には至らずに終了となりました。

14469335_866006109_64large

ウェインした中で、後ろから一番…
40位と言うこれまたキレの良い数字で…
ある意味、おいしい か。(全然、おいし くない)

14469335_866006117_67large

チャプター戦
レイジーブレイブ戦
共に今年の全日程が終了。

来シーズンに向けて練習、練習ですね!

スタッフ様、お世話になった方々、ありがとうございました。

紀伊半島王座決定戦

| 杉田 |

紀伊半島王座でのお役は稲垣さん欠場の連絡係だったりする杉田です。

?

20101125-s-1

紀伊半島6チャプター年間上位に参加権利が与えられたこの大会。

ほとんどの選手が七色ダムを知りつくしており、

エリアのバッティング等、試合展開もスムーズに進まない事が予想

されました。

作戦は、厳しいのは理解しつつ人気エリアのディープでリミットは

揃わなくても600×3本で1800gのベースが作れたら、

シャローで一発勝負!!。

人気エリア且つこの日は他の大会も行われてるので、

試合を少しでも優位に進めるためにもフライト順が重要に

なってくるのですが、フライト「運」が無い僕は、

なんとブービースタートと最悪な順番。

(どなたか、フライト運が良くなるお守り下さい(笑))

しかも、スタートすると2名乗船の船が遅くて、デッドスローエリア

内では抜けないので我慢ガマンのタイムロス。

ボートを走らせて、ディープエリアに着くと思ったよりも船団に

なってなくて、一安心したものの釣れてない様子・・・。

それは前プラでも一緒なので、気持ちを強く持って、

インサイド側の13~15mのブレイクに沿って回遊してくる

バスを待ち続けると、わずかにバイトが出て、400gをゲット。

まずは1匹釣れて一安心。

ノーフィッシュもあり得ると思ってましたから・・・。

600gが回遊してくるのを信じて粘りますがこの後は続かずに移動。

各ベントのディープをチェックしつつ大会エリア最上流のサンドバー

まで行き、フィーディングしてくるバスを待ちますがノーバイト。

この時点で残り1時間を切ったので、1発狙いのシャロー打ちに変更。

とある、必ずバスが付いている立木に行き、表層から1mくらいを

ベティ4.9inネコリグのミドストで狙いますが、チェイス無し。

レンジをベティが見えるか見えないかの水深まで下げて、

ミドストで狙うと、ラインスラッグが無くなりフッキングして、

600gをゲット。

ここから、プラでチェイスのあった立木やレイダウンをランガンしますが、

おしいトコまではチェイスするも、バイトまで持ち込めずにタイムアップ

となってしまいました。

?

結果は、2本1045gの21位でした。

20101125-s-2

今回は・も?「おいしい」には程遠い結果となりましたが、

自分的に、最後の1本は今後に繋がるヒントを得たのでOKです。

?

これで今季のJB・NBC戦は、事故も無く無事に終了。

皆々様方の応援に感謝致します。

ありがとうございました。

掴みネタにもなってないネタさえも浮かばない

ボキャブラリー欠乏症の杉田です。

ついでに体の油も減ってます。

?

僕の今期のJB・NBC最終戦、紀伊半島王座決定戦に向けて

金曜から会社休んでプラクティスに七色ダムに出撃して来ました。

近畿ブロックの状況から考えて、ディープのバスを見に行くと、

一箇所目のエリアから狙い通りにポーンポンッと釣れて

5本で3kg弱。

image101124001

二箇所でも3kg弱。

釣り方もほぼ見えてベースを作るには、十分満足。。。

シャローを見に行ってチェイスも結構あり~の

おっきいのんも見える~の、ここまではイイ感じで

プラは進んでました。

?

昼過ぎてから、シャローをやりつつディープも

要所要所で確認して行くと、何かバイトが遠いような・・・

違和感を感じて、二箇所目のエリアを確認しに行くと、

あれほど簡単に喰って来たのが、無ぅぅ

一箇所目のエリアも釣れるには釣れるけど、バイト激減。

釣れたのは時間帯だったのか?を前日プラで確認しようと

金曜のプラは終了しました。

?

あけて土曜の前日プラ。

前日にヨカッタところは・・・・無無無無ぅぅぅ

慌てて一から探し直しますが、釣れても250g程度と、

一発勝負の大会では、あまりにもベースウェイトが

低くダメダメ。

金曜に良かったトコが離れずに、何べんでも入り直してると、

バイトが出て、700gフィッシュ。

image101124002

image101124003

(注:この2枚の写真のバスは一緒ですよん)

400gくらいなら、諦めたのにこれで迷いが強くなり、

これと言ったパターンも掴めずにプラクティスが終了

となりました。

あぁぁ、「おいしい」結果が遠のいて行くぅー

つづく。。。

アメリカンドリーム

| 高崎 |

アメリカで活躍する桐山プロの主催する大会に出ました。
FLWに参戦中のトシ・鈴木という後輩に誘われてバックシートですが何か?

優勝するとアメリカで行われる”バスキャット”のオーナーズカップに参加出来る!
ってワケです。

p92_800

コンディションはあまりよくない状況でしたが、
後ろからが好きな番長は1本キャッチ。
この時期 特有の数はでないけど来ればグッドサイズ!な
スピナーベイトのパターンにはめました。
天気や風向きでチョコチョコとレンジを変えるので重いヤツが使いやすいんです。

モチのロンでキラーズベイト 3/4ozです。 → http://gancraft.com/blogs/killersbait.html

?

結果は残念ながら110gの差で2位でした(@@
ラインブレークした推定1500~1600gが悔やまれます。

秋の(晩秋)パターンはね
ベイトが多いエリアの縦ストを横に引く!んですが、キモはイレギュラーな誘いを
しないと喰ってこないって事。
簡単にはぶつけて落として喰う間を与えるって感じ?

若い子は知らない 昔、ケン・クックってオヤジが
ドゥードゥリング・スピナーベイトって言ったヤツだね。
ラリー・ニクソンなんかもやってます。 
システマティック・シーズナルパターンってのに言わせると、
最高水温から5度下がったら秋のパターンに釣りをシフトする!
そうすると、気の早いデカいバスがスピベでつれるんです。

ワカルカナ~ワカンネエだろうな?

p36

こんな魚を選んで釣るんです!
キラーズベイトは引いても落としても!って事を考えたスピナーベイトなので
こんな釣りにはピッタリです。

是非、この時期に使って下さい。

餌木邪で

| 谷口 |

暇を見つけてエギングへ!

餌木邪でアカイカをget!

f1000118

アオリはリリースサイズ…

次はサイズup&数も、ですね~!

参加して来ました~

10111801

フライト抽選で引いたカードは

249番・・・(汗)

10111802

先発 (ほぼ全員) の皆さんを送り出した後、最後の10艇の中スタートしました。

今年は二度目の池原ダム釣行、過去の時期パターンを思い出し、

備後筋をジョインテッドクロー178でサーチ。

追って来た魚の状態を確認。

ライトリグに持ち替え、似た場所を上流に向け流して行くが厳しく、

本命ポイントのシャローへ。

ラッキーなことに先行者が居ない中、アプローチを開始しました。

ズル引きに反応は薄いので、誘い方を変えると直後にバイト。

?

こりゃ大きい♪

?

キツめにしているドラグがジィ~~~ィと、

ラインは出て行く、出て行く。

少々強引に寄せて来ていたのですが余りに寄って来ない。

沖の深い方に向かって走って行ったので、少し弱らせてからと

耐えていたのですが、それでも走る走る。

ここって深いから立木なんて無かったよね?と思った途端、嫌な感触が・・・

?

立木に入られました。

?

それでも未だ魚の感触はあったので、張らず緩めず待ってたらやっと泳ぎだし

?

ダッシュされ・・・

?

ブチッ?!

?

その後は会場近くで何とか1本獲りますが、後が続かず

時間切れ終了となりました。

?

10111804

920g、順位不明・・・

?

あの魚が獲れていれば、って皆思うんでしょうねえ、やっぱり。

試合ではタラレバは無いんですから 。

?

あっ!ありました !!

タラ♪

カーブの店カップの豪華商品の中でも皆が狙っているタラ バカニ。

10111805

クジ運が悪いので今回も駄目かなと思ってたら

?

朝一の魚と引き換えか・・・

やっぱり魚の方が良かったかな~

1日で
おしいトーナメントのすごし方と
美味しいトーナメントのすごし方をし
(杉田さん、のネタに乗っかってます)
今週末は是非おいしいトーナメントのすごし方をしたいですね~!

10111803

参加された方、お疲れ様でした&ありがとうございました。

嫁はんに言われたのは・・・

アンタのは「おしいトーナメントのすごし方」やなとポツリ。

死人にムチみたいな事言わんでも。。。

image101117003

image101117006

いよいよ西日本大会のスタートです。

プラで決めた事は、広大な旭川をくまなく試合中に周るのは

リスクが高いので、プラでゴッツちっさいのんが釣れた下流の赤土岬を、

朝一はBACRA400で、反応がなければライトリグでじっくり

粘るコトでした。

?

スタートして赤土岬に行き、BACRA400乱れ打ち。

結構、頑張ったけど無―

ライトリグに変えて、同エリアをじっくりと粘りますが

バイトは無―。

次に岬の上流にあるカバー周りを見に行きますが、

見えバスはお留守の様子。

立木にベティのテキサスを打って行きますがこれも無―・・・。

ついでにゴロタや岩盤を打ってみますが、これも案の定、無―。

?

この展開は路頭に迷ってしまうので(すでに迷ってますが)

赤土岬に戻ると稲垣さん発見。

なんやら、すでにリミットメイクしたと。スゴイ!

僕も頑張ってなんとか釣って、お立ちに二人で乗れればと

集中しますが、稲垣劇場を見せられて心がポッキリ・・・

とは行かずに、ようやく待望のバイトが出てフッキング。

心臓バクバク、膝はガクガクしながらなんとか600gくらいのを

ゲット出来ました。

うれしーーーーーーーーーー

喰ってくれたのは、ベティ4.9inグリパンでした。

ここからリミットメイクに向けて確変かと思いきや、

単発で終わり、釣ってから2時間あまり無―タイム。

試合時間もあと30分となったトコロで移動しようかと思ったトコで

バイトが出て400gくらいのをゲット。

ひょっとしたら捲れるのか??と期待しましたが、

厳しい状況では、願いかなわず空しくタイムアップ。

?

2本で1021gと7位フィニッシュとなりました。

image101117008

上位の皆さんは近畿ブロック勢が1~4位を独占し、

レベルの高さを見せてくれました。

あの御方も見事にお立ち台に乗っています。

そろそろ、満を持してブログを再開するのでは・・・

皆さん、期待しましょう!

image101117010

終わった感想としては、旭川4日目にしてキーパーサイズが釣れて

「ホッ」としたのが正直な感想です。

とんでもなく難しかった旭川ダム。

またいつかこの時期に来て攻略したいものです。

これで今シーズンは21日にある紀伊半島王座決定戦のみとなりました。

今度こそ、「おいしい」結果が出せるように頑張ります。

嫁はんにポロリとある事を言われて、凹み中の杉田です。

先週のプラクティスで分かった事は

「釣れない」だけの悲惨な状況から、

どれだけバスに近づけるのか。

?

旭川ダムの状況も20cm/日で減水が進み、

中島公園スロープも使えなくなる程の大減水。

大会自体どうなるの?と危惧しましたが、

地元旭川チャプター役員の方々のご尽力で

会場が急遽、栃原に変更となりました。

ランチングも手伝って頂けて(ありがとうございます)

?

準備完了してプラティクスをスタート。

image101116002

前プラでは、リアクションで反応してくれるバスを見つけたくて、

BACRA400でミドルレンジを狙いますが、岩盤、ゴロタ、

土、立木を通しても無反応・・・

ロストを怖がらず、ストラクチャーにぶち当てても、無ぅぅぅ

やっぱりディープレンジなのか?

と、インサイド、アウトサイド、インターセクションと

溜まりそうなトコを念入りにチェックしていっての結果が、

15mで10cmちょいのバスが1匹のみ(涙)

結局、プラではこのゴッつうちいさいのんだけで終了となっちゃいました。

?

正直かなり心が折れましたが、3日目にしてようやく

小さくてもバスに辿り着けたので、大会ではきっと

キーパーサイズが釣れると、ポジティブに気持ちを切り替えながら

ボートを片づけてると、スタッフの方々が必死で会場を設営されてて、

大会を盛り上げようとしてるのが、ヒシヒシと伝わって来ました。

image101116008

これは何が何でも釣らないと、あきませんねぇ。

夜は養殖一番でお馴染の近藤さんにお世話になり、

ワイワイと楽しいひと時を過ごせました。

近藤さん、ありがとうございます!

image101116009

つづく。。。