» 2011 » 5 月のブログ記事

サイトでバスを発見!
あわててロッドをつかもうとして
目を切っただけで
バスを見失ってしまう
オヤジトーナメンターの稲垣です。

プラ終了直前には毎回恒例の
『コーヒーcup』が開催され
ゆ○サンが『ウ○コばか』の座を見事防衛されました。
e38286e382931
温泉はいつもの『きなりの湯』
普段は男湯と女湯が毎日入れ替わるのですが
久しぶりに『左側』に入ったような気が…。

で、食事は『花川』へ。
ここ数年、入賞確率がほぼ100%の『焼き魚定食』。
大将が言うには、今日は『焼き魚定食』が2食分しかないとのこと。
e88ab1e5b79de381a71
あえて全員(6人とも)『焼き魚定食』を
注文しなかったら、どうなんのやろ…。と話しながら
思い思いに『焼き魚定食』を外し、オーダーしていく。

次々と料理が運ばれてきて驚いた。
『ウ○コばか』のダンナさんが、みんなの知らない間に
『焼き魚定食』をオーダーしていた!
やられた!

睡眠時間が少なかったのと
黄色い液体も少し多めに頂いたので
オヤジの閉店時間と電源オフは早かった。ZZZ…。

帰り際、大将が明日の結果の報告が欲しいと言っていた。
とうとう、大将まで巻き込んでしまった『焼き魚定食神話?』
次に行ったら『メンター定食』とかに名前が変わっていたりして(笑)
値上がりしてたらどーしよ。

今日の一句♪
『焼き魚
 どんな結末
? 迎えるか
? 作った本人
? 気にしてる』

おそるべし『焼き魚定食』!

袖口から雨がジワジワ浸み込んでくる。
ボートで座ったら股間に雨が溜まって浸み込んでくる。
ドシャ降りでも心配無用なレインスーツを開発してほしい
オヤジトーナメンターの稲垣です。

金曜日、仕事が終わって帰宅し
先週の試合まま、ボートを放置していたので
雨が降っていたにもかかわらず
七色へ出発のためエレキを下ろしエンジンに積み戻した。

準備中に燃料が少なかったのを思い出し
オイルを確認するとストック無し…。

台風が来ているのとオイルの件で精神的にネガティブ状態になり
プラを残念しようとしてて
その報告を三プ王さんに電話しようとしたら
『オイル、あるで。』
もうプラをサボる理由が見当たりません。

TS-ONの社長さん達とダベったあと出船。
先々週の状況からアフター系が狙い目か?との判断で
本流の中流域をエレキで流して行く。

釣れるわ、釣れるわ…。
350~400gのサカナが際限なく釣れる。   
で、ワームの手持ちが見る見る減って行く。

リミットは瞬殺。しかしウェイトを稼ぐのが難しい。
水深4~5mで少しウェイトのあるサカナが混じることがわかり
そのレンジを集中的に攻めると40upがポロ…、ポロ…。と単発。

『あしたは数釣りやな。どんだけ混じるかが勝負やな。』
そう思いながら、『当たりワーム』を温存することにした。

ひたすらエレキで流して行く間
サカナが濃いエリアと薄いエリアを頭の中に叩き込み
その特徴を積み重ねて、明日狙うべきポイントを絞った。

本流と大又川のインターセクションに着いたとき
何気に岬のバンクを覗いたら黒い影が動いた。

ロックしているような、してないような、アレでした。
動きからすればオスであることは確実なので
ちょっとイジってみると
とんでもなくヤル気マンチクリン!

場所が場所だけに相当叩かれていると思ったのだが
コイツの動きが意外に早いので
みんな気づかなかったのかな???

まぁまぁデカイので試合に使えたらいいのだが
おそらく、このあと釣られるんやろなぁ… と思いつつ
じゃあ 今日は今日で楽しんで
あした残っていたら使わしてもらおうと決めた。

動きが早いのでアレの場所が限定できないので
テキトーにらしき場所にリグを置く。
しばらくするとイライラモード全開になり
その後すぐに釣れた。

測ってみると47cm!キッカーですやん!
水深があったのでこのサイズとは思ってもみなかった。

で、やらかした感MAXなまま
残り時間をエリアチェックに充てた。

今日の一句♪
『あしたまで
 釣られずココで
 頑張れよ
 明日も逢いに
 来るからね』

いい迷惑でしょうけど…。

この歳で『裸眼で1.5』
…なのにサイトに活かせてない
オヤジトーナメンターの稲垣です。

プラン的には正解やったのに…。
勝つってムツカシイ…。

詳細は明日以降に。

今日の一句♪
『やりきれる
 サカナとパターン
 見えていた
 結果をみれば
 やりきれない』

今日も飲んだくれてやるっ!

台風来てますけど…。

| 稲垣 |

『3日目もカレー』は さすがに怒る
オヤジトーナメンターの稲垣です。

延期されていたチャプター奈良第3戦が
七色ダムで開催されます。

消化不良的な試合が続いているので
なんとかここらへんでリセットして
挽回しておこうと思います。

今日の一句♪
『遠征の
 準備でライン
 巻き直す
 あーだこーだと
 プラン練る』

台風の進路が心配やなぁ…。

試合当日(続編)

| 稲垣 |

ロッドを何本も積み込むクセに
一回も登場することなく終わってしまうリグが多い
オヤジトーナメンターの稲垣です。

試合後に同じ方向に帰る奥○さんに誘われて
焼き肉屋に行きました。
e381bfe38293e381bfe38293
(食べ終わったあとの画像でスミマセン。)

今までに色んなお店の話を聞いていたうち
行ってみたいと思っていたお店のひとつで
行く前からチョットわくわくでした。

もっと奥○さんの家から遠いのかと思っていたら
スグ目の前ですやん!

オーダーは奥○さんがオススメのんを…。
タレはとてもフルーティーな味噌系で
ついついゴハンのおかわりをしてしまいました。

今までに食べたことの無い部位もあり
素材のカットの仕方も少し変わってて
ヤバイ領域のおいしさでした。

奥○さん御一家にお世話になり
ゴチになりました。
本当にありがとうございました。

こんなに名店揃いやったら
そらぁ通風にもなりますわぁ(笑)

今日の一句♪
『奥○家の
 ルールにのっとり
 肉食す
 ゴハンにタレを
 つけながら』

『忘られぬ
 あのタレの味
 肉の味
 も一度行きたい
 珉珉へ』

子供たちが奥○さんと同じ食べ方をしているのが印象的でした(笑)

試合当日(後編)

| 稲垣 |

1回釣れたらソレばっか。
ローテーションも何もあったもんじゃない
オヤジトーナメンターの稲垣です。

再び上流に向かうのに
より丁寧にポイントをチェックしていき
獲り抜かりの無い様に細心の注意力で…。

やっぱり居てました!
推定45㎝クラスが岩盤に沿ってサスペンド。
インレットが近い場所なので上流にアタマを向けている。

チャンス到来とばかり
ボートポジションとミスキャストに気をつけて
ワンキャスト目。
岩盤から転げ落ちるようにして着水音を消す。

狙っているバスが動いた!
ルアーを追いかけ水深の深いほうへ消えた。
ラインが微妙な変化を伝える。
リールを巻きながらフッキング!

喰った!
やった!喰いよった!

そう喰いました…。
金太郎飴が…。
オマエぢゃねぇ…。
フックを外しながらバスに文句を言う。

ボートが少し流されたので元の場所へ戻ると…。
まぁ なんて事でしょう!(劇的ビフォーアフター風に…)
さっきと殆ど同じところに戻ってきているではありませんか!(加藤みどりで…)

ドキドキしながら同じ要領でキャストしてみると
サカナは同じ動きを見せた。
ラインに全神経を集中し違和感を感じた時点でフッキング!

喰った!喰ったよぉ!
狙ってたデカイのんやんっ!

チーーーーッ
ドラグが出て行く。一気に潜って行った。
あさはかなオヤジはその一瞬にも
アタマの中でお立ち台でのインタビュー内容をシュミレーションした。

次の瞬間、バスがアタマを上に向けて上がって来た。
ジャーーーンプ!

『・・・・。』
手元に伝わっていた生命観が消えた…。
リールのハンドルは何の抵抗もなくクルクル回る。

やってもた…。
やってもたよぉぉぉぉぉおおおおお!

残りの試合時間も少なく
精神的に立ち上がれる時間も無い。
仕方が無いので帰着まで流しながら行くことに…。
そしてその後、何のクライマックスを迎えることもなく試合終了。
結果はフツーの人
e3818ae7ab8be381a1e58fb0
お立ち台の皆さんおめでとうございます!

お立ち台インタビューでは
『稲垣プロ』の連呼でイジられまくり
恥ずかしいやらオモロイやらで…。

今日の一句♪
『ホメ殺し?
? そんな事も
? ありました

? お立ちで御礼を
?言われても』

いい事しといてヨカッタ(笑)

CP奥伊勢湖宮川

| 杉田 |

バウデッキからの~しゃがみ型の~噴射の~

久々に生き生きしている和プ王さんを見た杉田です。

何の型かは、和プ王さんに直接聞いてみて下さい。
? 

5/22にCP奥伊勢湖宮川第3戦に出て来ました。

前日プラは、アレの状態とアフターの回復度合いを見て、

アレは小さいのんばっかりなのでパス。

アフター回復のおっきいのんは、上流に個体が少ないながらも居てて、

ジョイクロに好反応。

喰うまでは至りませんでしたが、居ればチェイスしてくるので、

追いかけさせて、その後をフォローのライトリグで狙う作戦と、

カバーについてるアフターもベティ4.9inのジグヘッドワッキーに

好反応なので、このパターンでベースを作る事にしました。

image110525002

image110525004

で、試合当日。

お決まりの最後尾フライトで、中流域にGO!

狙ってるカバーで1投目で、380gゲットん。

次のカバーに移動して、320gゲットん。

ここから、岩盤系でキーパーは一杯釣れるんですけど

300g以下ばっかりで、マシなサイズが入らないので、

いつもマシなサイズが釣れるカバーに移動して、490gゲットん。

ベースが作れたので、キッカー狙いでジョイクロ作戦決行。。。

 

岩盤ねらいの~

ゴロタ狙いの~

インレット狙いの~

チェイスはチビのみ・・・。

サイズ入れ替わってるやん・・・。

 

こうなったらベティに夢を託して、カバーのランガン

10g単位で入れ替えを繰り返して、中流のワンドにある沈みもので、

重量感たっぷりの突っ込み!

来たでぇとリールグリ巻きで寄せてると、ポロリン。

ショックは大きく、しばしボーゼン。

気を取り直して、同じ沈みものを狙うと、またバイトが出て

さっきと同じような重量感。

今度は魚体も見えてキロ近くはありそう。

ドラグ緩めて突っ込みを耐えてると、再びポロリン。

 

参りましたorz

 

この後はちょっぴり入れ替えして、下流に移動。

最後まで一発狙って見ましたけど、THE END。

結果は1260gで9位でした。

 

次週は、七色でCP奈良に行って来ます。

おっきいのん釣れるように頑張って来ます。

試合当日(前編)

| 稲垣 |

人のリグ見て 我がリグ直す
オヤジトーナメンターの稲垣です。

試合当日。
フライト順は9番とまぁまぁ。
いろんなゲームプランを考えたが
少し時間をかけてでも
ナイスキーパーで手堅く揃え
残りの時間をキッカー狙いで流して行く作戦にした。

で、上流に向けてスタートダッシュ!
途中で昨日でかいメスを見かけた場所を少し覗いたが
タイミングが合わなかったのか留守の様子。

本命ポイントは倒木と大きなガレ場で形成された
深場が隣接するポイント。
そこはノンキーとブルーギルがウロウロしているのだが
ジグヘッドワッキーで少しレンジを下げて
ズル引きシェイクをするとナイスサイズが獲れることがわかっていた。
e38399e38386e382a3e38080e382b8e382b0e383afe382ad
プラとの違いはヘラ鮒がわんさか入ってきており
カレントも消えている。
しかし、そこは三瀬谷の中でも
川幅が比較的狭くなっている場所なので
目に見えないレンジにはカレントがあるハズ。

そう信じて上流から下流に向けてズル引く。
魚探では4~5mの水深。
プラのとおりの事をやってみると
少し時間がかかったがキーパーが釣れた。
ビミョーにサイズが下がったのか?

そう思いつつ同じラインをトレースする。
ん? バイトが遠い…。
リミットは難なく揃ったがサイズが…。
あきらかに昨日と状況が変化し
サカナが入れ替わったカンジ…。

その場所でサイズアップを狙っても時間がかかりそうなので
エリア移動と出会いを求めて動くことにする。
ビミョーな入れ替えを続けたが
なかなかキッカーに出会えない。

釣っても釣っても金太郎飴状態…。
単発でデカイのを見つけることができても
完全ヤル気なしのサカナばかりで無視を喰らう。

こうなれば再度下流に向けて出会いを求めて移動する。
下っていきながらプラで見つけた場所で粘ることにした。

しかし少し下流に向けて移動した所で
ヤル気マンチクリンのバスを発見。
フッキングミスやあわせ切れをしたりしながら
スポーニングがらみのバスをゲット。

おかしいなぁ
確かココにはサカナが入ってなかったよなぁ。
ローライトで小雨がパラついたりする天気だったので
気圧の加減と水位が下がったのもあってか
沢山のバスが浮きはじめた。
オマケに昨日と同じカンジで、スクールにブチ当たったりした。

上流にはもう選手は誰も居てない。
サカナはどんどんさしてきている。
そこで悩んだ。
残り時間と移動時間等を考えると
もう一度上流で勝負もアリやな…。

決断は早かった。
上流に上がるサカナ=やる気のあるサカナ=釣りやすいサカナ。
迷い無くバウを上流に向けた。

今日の一句♪
『直感を
 信じてプランを
 立て直す
 ソレが大抵
 ハズレてる』

ソレが何年かに1回当たったりするもんやから…。

三瀬谷プラクティス。

| 稲垣 |

『ポンドとオンス』
しかも分数で言われた日にゃぁ…。
いまだに馴染めずにいる
オヤジトーナメンターの稲垣です。

距離にして約180㎞。
時間にして3時間半くらいを夜中に移動。
着いてみると、すでに選手がランチング中。

減水時に対応するため砂利が入れられており
土とあわせて硬くなって
スロープの状態は今までに無いくらい良くなっていました。

準備を済まして出発。
まずは上流向けて流します。
スポーニングにからんだ魚が居ますが
思った以上にその数は少なく
しかも勝負になるサイズではありませんでした。

が、一部時間をかけてよーく観察していると
でかいメスが様子を伺いに来ているのが確認できました。
コイツを獲れればお立ち台は確実。
さらに残りの2匹をナイスサイズで揃えれば
優勝ラインに届くな…。
2000gから2500gがお立ち台と予想。

ある場所でナイスキーパーを獲るパターンがわかり
ゲームプランに組み入れる。

あとはバックウォーターがどれだけのポテンシャルがあるのか。
全体的にはいいサイズで揃えるのが難しい状況だったので
ギャンブル的要素を確かめておきたい。

ボートで行ける限界まで行ってみた。
結果は取り越し苦労の時間のムダ… だった。

ただ魚を確認できる最上流の位置が確認でき
試合当日はそれ以上の深追いは不要になるので
完全にそこから上流は捨てきることができた。

ある程度のゲームプランを思い描き
下流に向かって戻っていくと
10匹以上の40upのスクールがシャローを回遊しているのを発見。

コイツらで揃えたらタイヘンな事になるな。
その『もしかして』を確かめるため追いかけてみる
何に反応するのかいろんなリグを投入したが反応はなく
完全無視状態…。
中途半端に攻めると深いレンジに逃げていく。

最初からコレを狙うのはリスクが高すぎるので
ナイスキーパーが釣れるポイントでリミットを揃え
あとは出会い系とスポーニング系のメスを狙うこととする。

プラを終えてお楽しみの温泉へ
風呂上りにウ○コ談義に花を咲かせたりして
いいカンジの腹具合と時間になってきたので
これまたおたのしみの『大黒屋』
e5a4a7e59bbde5b18b2
今回もおいしくたのしく過ごすことができました。
カマの炙りがサイコーにウマかった。
たのしいトーナメント仲間とサイコーのひととき。
バス釣りに感謝!

今日の一句♪
『ためしたら
 手に取るように
 フィールドの
 状況把握が
 ドンピシャリ』

さぁ今回もプラ王ぶりをご報告いたしますよぉ~

『130円の缶コーヒー』
10円分の味の差って…。
期待しすぎたためか
なんとなく あと味が悪かったりする
オヤジトーナメンターの稲垣です。

三瀬谷から帰ってきました。
疲れたけど楽しかった…。
『稲垣プロ』の連呼がサイコーに笑えた。

詳細は次回に…。

今日の一句♪
『三瀬谷で
 笑いが絶えず
 腹かかえ
 稲垣連呼の
 インタビュー』

その場に居てたヒトしかわからなくてゴメン。