» 2011 » 6 月のブログ記事

試合後に…。

| 稲垣 |

『週刊プレイボーイ』
待合室とかで人が少なくなったら
もう一度おさらい的にグラビアページに戻る
オヤジトーナメンターの稲垣です。

試合が終わったあと
大又川のレイダウン周辺はどうなっているのか気になって
三プ王さんと一緒に見に行きました。

減水が進みサンドバーは丘になっていました。
レイダウン周辺も水位が減少し完全留守状態で
でかバスがどこにいったのか特定できません。
周辺でアベレージサイズが数匹釣れた程度でした。

オッサンふたりはそのまま帰還することなく
鯉釣りに没頭したのでした。

今日の一句♪
『ふたりして
?試合のあとの
?鯉狙い
?コッチの方が
?向いている?』

あー オモロかった…。(笑)

七川ダム情報

| 谷口 |

日曜日は奈良チャプ・レイジー風屋戦どちらかに参加しようと思っていたものの
家の草刈のお手伝い
cid_6fc13b8639054c57950273168f789fd9wbx06y4nfnid582

稲の成長も今年は天候不順で少し遅れ気味です。

お手伝いを済ませ午後から七川へ

低かった水温もようやく平年並みに。
急いで用意して、まずは本流トーフ岩付近からスタート
TWなどで釣り上がりますが、これといった反応は無く

最上流まで上がり、DSで1200gをGet
cid_d71de2376a334e8080c4ca463e83f0fbwbx06y4nfnid582

cid_a81a7f4616bd4389a3589f5b4cb4dcd0wbx06y4nfnid582

同サイズを2本ミスして少し下った所にて本日最大を掛けるもバラシ・・・
本流スロープ付近で約1100g・1400gをGetし
cid_1cdea09e3bdc4448bf873bf88ea7e054wbx06y4nfnid582

cid_043071b25da1404c8de60aaf3b5cca15wbx06y4nfnid582

平井BWへ移動、水の色が変わる付近で
cid_4cbb700925d941748d54045595074e0cwbx06y4nfnid582

cid_8ad2c3c8ec974798abba5d3e1d40444ewbx06y4nfnid582

NS、DSで800g~1200gを4尾Getし終了となりました。
5尾約6キロの釣果!
cid_ba7f889fcb8149ec95938c4778ba62eawbx06y4nfnid582

cid_6fb174c8beb643b08f46a778c96ec15awbx06y4nfnid582

ようやくBWにアフター、回復系が入り始めましたよ!

KARAを研究観察中に発見。
お腹ポッコリがひとり混じってますやん♪
そんなオヤジ目線でしか見れない
オヤジトーナメンターの稲垣です。

つづき

5~6mの間隔をおいて2つのレイダウンがあり
その間をでかバスが何匹も
オスを数匹引き連れてウロウロしている。

何かのタイミングで
おクチを使ってくれるものと信じてネバってみるが
あきらかに迷惑そうで反応が悪く
どんどん警戒心が強くなっていく。

そのうちカバーに入って出てこなくなり
深場に落ちたのも…。
時間もソコソコ浪費した感があり
ネバっても獲れそうになかったので
あきらめてランガンモードに切り替え移動する。

場所をかえても喰ってくるが
入れ替えできないチビばっかりで
時間だけがどんどん過ぎていく。

結局、コレといったドラマも無く
アジャストし損ねて試合終了。
成績は1672gで15位と中途半端…。

最終戦のお立ち台の方々
e69c80e7b582e688a6e38080e3818ae7ab8be381a1
最終戦であったので年間成績も発表されました。
年間表彰の皆さんデス。
e5b9b4e99693e381ae
え?居てない?
そうです。オヤジは年間6位…。
たしかコレで3度目?の奈良チャプ年間おザブ獲得。
やっぱりナニかがたりないオヤジなのでした。

今日の一句♪
『定位置と
 なりつつあるのか
 また6位
 おザブが好きな
 ワケじゃない』

とりあえず近畿ブロックと紀伊半島王座決定戦の権利ゲット!

日焼けする度に、シミが残るオヤジ肌の杉田です。
 

早くも迎えた最終戦。

プリプラで掴んだのは、ノーシンカーの表層引きで見付けさせて、

そこからチョイチョイとスイッチを入れて喰わせるパターン。

これで、キロフィッシュが高確率で獲れるコトが分かったのですが、

天候が一番のポイントでした。

週末の天気予報は曇りと、淡い期待を抱いてたんですが、無情にも

久しぶりのドピーカン・・・。
2011062901

勿論、パターンは崩壊して表層ではまったく喰ってくれないので、

自分をリセットするために、季節を戻してアレ探しから。

探すと、あるにはあるけども、ちっちゃいのんばっかりで、

唯一700gのが1匹いたくらい。

その後、沖の立木や岬でアフターを探すも見つけられず。

晴天なので、浮きゴミカバー系もノー感じ。

きっと何かに依存してるはずなので、好きな大又川のスタンプに

行くと、ソコソコのキーパーは居てるコトが分かって一安心。

そのまま、バックウォーターに上がると、家族連れがキャイキャイ

と泳いでました・・

ちょっと下で、下って来るバスを観察してると、おっきいのんは

居ないものの、本流筋のバスよりかはサイズが良くて、口を使い

辛い状況の中でも、ナチュラルドリフトでなんとか釣れてくれます。

西の川に移動してバックウォーターに行くと、ナイスキーパーが

簡単に口を使って来て、良い感じを得てプラを終了。
2011062902

とは言うものの、スタンプ以外は人気のバックウォーターで、

しかも水位と時間でギャブル要素が高いのが不安要素です。

こうなれば、神頼みと言うコトで、花川の伝説、焼き魚定食を食べに

行くと、最近、ハマってる鳥ももから揚げで定食を作ってくれる

と言うので、食欲には勝てずにソッチをオーダー。
2011062903

オススメです。

つづく。。。

○○毛の散髪をしすぎて
歩くたびにチクチクしている
オヤジトーナメンターの稲垣です。

つづき…。

スタートと同時に大又川のバックウォーターを目指す。
狙いのポイントに近づいてみると
案の定、一般の方に入られていた。
しかし下って来ている様子だったので
すかさず超バックウォーターに向かう。

減水の影響で思っていた場所まで行けそうに無かったので
少し手前からスローダウンしてサカナを探す。

すると2~3匹単位でウロウロするのが確認できたので
サイトで狙ってみるとワンキャスト目でクチを使った。
が、スッポ抜け…。
まぁまぁいいサイズだったのに…。

気を取り直して次のターゲットを探す。
で、スグに発見。
そのサカナ達は上流に向けて上っていたので
さらに上流へキャストしてナチュラルドリフトで狙う。

ラインの動きに違和感を感じたらフッキング。
ラインスラッグをとりながらサカナを引き寄せて来たら
ジャンプされてラインブレイク…。
キロフィッシュやったのに…。
あかん…。まだビョーキが治ってない(汗)

BWでウロウロしながらリミットを揃えるもサイズが上がらず
喰いの浅さに悩まされ続けバスのアッパーカット連発…。
真剣に喰ってくれてない。

この時点で推定1200gくらい
時間も経過してきたので次のサカナを探しに下る。

あるポイントに入るとポロポロっと
入れ替えサイズが釣れた。
しかしビミョーな入れ替えサイズだった。

ココは少しサカナが濃いみたい。
隣接する岬とサンドバーにレイダウン
しかもいい感じにシェードがあり条件が揃っている。

『チョット、粘ってみるか。』
すると下流の岬側からデカイのが廻ってきた!
レイダウンに入りそうな様子だったので
レイダウンの少し手前側にキャストし待ち伏せる。

細かいシェイクを入れると
推定ヨンゴークラスのバスがスピードを上げリグを見に行った!
いい感触のアタリがありフッキング!

底の方でギラッとするのが見えて
今までとは異なる引き。
ココはジャンプとかポロリとか無しでお願いします。

慎重にドラグ調整し ネットを準備していると
ファイト中のバスの後ろに黒い影が…。

えぇ~!フックアップしていたのは違うサカナですや~ん!
背後から追いかけて来たのが本命で
おそらくレイダウンのシェードからコイツが反応したんか…。

しかし少しはマシなサイズなので慎重に取り込む。
ネットインしたのは900gほどのまぁまぁ君。
ぜいたくは言えません。

その後、そのレイダウン周辺は沢山のデカバスが
どんどん入って来ては出て行くといった
まじヤバモードに…。

コイツらの1匹でも獲れればお立ち台は確定やな。

さらに つづく。

今日の一句♪
『アジャストを
 したつもりでも
 ハマリ過ぎ
 固執しすぎて
 またコケる』

自分のイビキで目を覚ます
オヤジトーナメンターの稲垣です。

プラ無しで夜中に出発。
あたりが明るくなってきた頃に七色ダムに到着。

ボートの準備をしながら
プラに入っていた三プ王さんから情報を聞く。
『先週と様変わりして難しい。ヤバイ…。』とのこと
頼りにしていた情報が…。

で、フライト抽選で『6番』を引き当てる。
行き場所がない時に限ってこんなモン。
ちなみに三プ王さんは『5番』(笑)

『で?ドコ行くん?』
『西ノ川へ行くわぁ…。』
ミーティング中に一般レンタルのお客さんの殆どが
西ノ川向けてボートを走らせているのを見ているのに…。
キビシイ状況であることがその言葉ですべてを語っていた。

ゲームプランを短時間で組み立てる。
①サカナの状況はバラバラ。
②反応のよいサカナのアベレージが下がっている。
③季節の進行は下流域から

で、導き出した答えは
今回、社長のボートでの参戦であった為
ルール上の馬力制限目一杯の機動力を活かし
一気に大又川のバックウォーターに直行し
ヤル気のあるサカナをまず狙う。

あとはネバることなく
1時間単位で状況判断しランガンするプランにした。

つづく…。

今日の一句♪
『情報は
 他力本願
 ひとまかせ
 ゲームプランは
 運まかせ』

アジャスト能力を試される試合デス。

いくぜ!七色。

| 稲垣 |

ポチっと押してみたい…。
そんなバナーの誘惑にちょくちょく負けてしまう
いつまでたっても好奇心旺盛な
オヤジトーナメンターの稲垣です。

今日で仕事のひと山を越えることができました。
まぁまぁスッキリです。

ここは切り替えてフルパワーで
トーナメントモードです。
奈良チャプター最終戦へ出発!

今日の一句♪
『スッキリと
?気持ち切り替え
?釣りに行く
?すべてを忘れて
?楽しもう!』

意気込みだけは…

| 稲垣 |

某ダムで…。
ガマンできずに
草むらに駆け込んで しゃがんだら
山菜取りのおばちゃんと目が合ったりする
オヤジトーナメンターの稲垣です。

いよいよこの週末
早くも奈良チャプターの最終戦が開催されます。

先日の七色ダムは
状況が中途半端なカンジだったので
どれ狙ったらいいのかわからず
準備をしていてもリグを絞りきれずに
悩んでばかり…。

毎度のことでもあるんですが
フルタックル持ち込みパターンになりそうです。

で、今年はどのフィールドに限らず
季節の進み具合がダラダラとしている気がしてなりません。

産卵行動が長期化することで
スポーニングが成功してくれていることを願います。

ただ、トーナメントでは色んな状態のサカナがあると
狙いを絞りにくく迷いが出てしまいます。
コレが正解!と思ってても
特にこういった状況では
他の選手が自分が想定していないパターンでブッチギリ
てなことが良くあるので要注意なのです。

しかも次戦は仕事の都合で
前日プラ無しのブッツケ本番となるので
かき集め作戦が濃厚になりそうです。

どれだけ臨機応変に短い試合時間内でアジャストできるか…。

今日の一句♪
『どれ狙う?
 プリプラ行っても
 ノープラン
 いつも以上に
 運まかせ』

焼き魚定食もありつけそうにないし…。

次戦の成績が良かったら
どっちにしろ『ご褒美♪』とか言ってそのお店に行く…。
そんな地獄池担当の方の姿を想像してしまう
オヤジトーナメンターの稲垣です。

時々見かけるのですが
ボートでデッキに立ったままとか
シートに腰掛けたままとか
『タイタニック乗り?』している人がいてます。
さすがに両手を広げてたりはしてませんが…。

あれムッチャあぶないですよ。
船長さんも注意して やめさせなきゃダメですよ!
コッチがヒヤヒヤしてしまいます。

船体もしくはエンジンに
流木とかがヒットした時のことを想像してみてください。
『あ~れ~』で済みませんよぉ~

前方に吹っ飛ばされるどころか
場合によっては自分が乗っているボートに
轢かれちゃう可能性もあるんですよ!

2名乗船でプレーニングしにくいのが原因だとは思いますが
航行中にデッキの上に立つのはNGです。

ライフジャケットの着用率はあがったと思うのですが…。
事故が起こってからでは遅いので
思いあたる方はお願いしますね。

今日の一句♪
『危険です
 デッキの上に
 立ったまま
 運が悪けりゃ
 あの世行き』

ダム湖にロッド&リールをプレゼントした杉田です。

ユラユラと落ちて行くさまは、別れと言うよりも

トーナメントの成績の様な・・・
 

6/25は奈良チャプターの最終戦が七色ダムで行われます。

で、あの御方が仕事でぶっつけ本番になるというので、

しっかりプラせいとの指令が出てプリプラに行って来ました。
 

詳しくは書けませんが、まぁまぁつかめて
securedownload

2011062102

2011062103

良い感じでプラ出来ました。

と、言うことは久しぶりにプラ王の予感(笑)