» 2013 » 8 月のブログ記事

リベンジ!

| 谷口 |

CP和歌山でミスしてしまい、悔しかったので

リベンジに
image0022

しばらく雨も無い七川ダム、少しづつの放水なので水位は少しづつ減水。
今回は11時頃出船

まず本流トーフ岩付近へ、
4mラインでDSでレギュラーサイズを2尾捕獲

最上流付近へ、
image0062

流入も減り少し水位も下がったのが影響してか先週より魚が減って居ましたが
岩盤に魚がよるタイミングで岸際に0.9gDSリグを落し

先週のチャプター時と同じ食わせ方で
約1600g・約1500g・約1200g×2、を獲り、
image0083

image0101

image0122

一度本流を出て、昼食後、再度本流最上流に入りますが魚は激減、
レギュラーサイズを2尾追加して
image014

添野・平井合流下流赤土岬へ、ここで㌔を追加し
image016

添野最上流付近に入りますが見えている魚も居なかったので

image018

image020

平井最上流付近へ、
此方も見えている良いサイズの魚も居なかったので少し下流で約800gを追加し

5尾約6500gの釣果で終了となりました。

image022

image033

試合と同じタックルやのにね・・・

タックルデータ

CROSS EYE (クロスアイ) KGBS-00 1-650L

シマノ2500番

R18BASS4Lb

ベティ3.9、0.45gネコリグ

GRID (グリッド) KGBS-00 1-650UL

シマノ2000番

R18BASS4Lb

ベティ3.9、0.9gDS

他3.5in位のストレートワーム

AROMA (アロマ) KGB-00 2-620L

アブレボLT

R18BASS6Lb

ベティー5.9In・ストレートワーム他、0.9gネコリグ

CP和歌山第3戦タックルべりーCupに参加して来ました。

image0032

今年のスポーニング時期水位は安定し上手く行ったのですが

その後,空梅雨で酷いアオコ&減水
その後,三度の大雨に大幅な水温低下、アフター期の釣りやすい状況は無く過ぎ
そのままサマーパターンに移行した感じの七川ダム

至る所で小バスは反応してくるものの良いサイズを釣るのが難しい状況で迎えた

CP和歌山第3戦タックルべりーCup

前回の釣行の感じから本流BWへ、
途中で1尾目約500gを捕獲後

入りたかったポイント、本流スロープ前へ
しかし、小さいのは見えるものの良いサイズが居ない・・・ 
小さいのでリミットを揃えましたが
エリアを間違えた(汗)と後悔

大きく移動するかと考えましたが
時間が早いこともあり少し待ってみる事に
入った時は良いサイズが少なかったのですが
日が差してきたあたりから少ないながら差し出し1尾入れ替え

口の使わせ方は先週詰めていたので
良いサイズだけを狙い

追い掛け、岸に寄るタイミングでリグを岸際に落とす釣り方で
50Upを掛けるもファイト中にフックオフ・・・

ショックでアイにライン通せへんし、シンカーはデッキにバラ撒くし・・・
気を取直し釣り再開

もう一尾50Upを食わせファイト!
しかし寄せてきた所でダッシュされラインブレイク・・・

その後もチャンスを物に出来ず帰着へ

帰着に間に合うようにBWを出たつもりが
途中往生際悪く寄り道し・・・
向かい風に阻まれ(涙)全開でエレキを踏み
もう間に合わないかと思いましたが!?

なんと帰着締切“17秒前”何とか・・・(汗)

image0082

3尾1704gで19位と言う結果でした。

image009

↑上位の方々~

ワタクシは今回の試合もミスだらけでした(反省・・・)次回頑張ります~

夏休み~

| 杉田 |

終わっちまった・・・
帰っておいでー夏休み子ちゃぁぁぁん(by 湘爆マル)

若い子にはなんのこっちゃか分からないツカミですが、
今年も「あっ」と言う間に夏季休暇が終わってしまいました。

そんな休みはキスに始まって、23.5cmの良型ゲットんし、
image001

その勢いで臨んだ、ソルトチャプター紀東は、
トラブルもあり~の、下げ潮で手も足も出ず~ので、
惨敗・・・・
ついに連続お立ちも終了。

その後は、甥っ子達が遊びに来て、
焼き肉にイタリアンに赤福氷にボーリングと
家族サービス。

んで、最後の2日は池原ダムにプラ。

image0021

夏の池原は、初めてだったので悪戦苦闘でしたが、
アベレージサイズがポロポロと。

image0031

image004

最終日は、稲垣さんとたなちゅ~さんの3人で、
来週の「生ビ○ル」を巡って、ミニトーナメント。

結果は、
image005

この笑顔を見て貰えば分かる通り、ブッチギっておきました(笑)

いやー楽しい夏休みでした。

休みは終わりましたが、夏はまだまだなので楽しみます。
まずは、来週のチャプター池原を頑張ってきます。

レイジーブレイブバストーナメントに参加してきました。

image003

前々日、前日と釣行した友人の情報から各BWが良くなって来てるとの事!?

まず,

スロープ前から本流筋をTWで釣り上りると

子バスは到る所で反応してきます。

エンジン始動出来る7時に一気に上流へ

五郎橋付近に入りますが

ショップトーナメント、チームトーナメントが2チーム行われており,

連休と言う事でプレッシャーも高く、小さいのは反応してくるも見えている良いサイ
ズも少なく

人も多かったので

image0061

平井BWへ移動

此方も良いサイズが見えなかったので見切り

添野BWへ、何度か口を使わせますがショートバイトや後1歩が詰まらず

本流へ移動し、

午前中より魚が差して居て約800gを捕獲

しかし残り時間が好きなくリミットを揃えられず終了。

優勝は遠路はるばる奈良から参戦の古野氏

image0081

ワタクシは・・・800g一尾で終了、何位?

image010

試合終了後、CP前の練習

本流BWへ、

image017

image0121

約1300gと4尾追加し50cm位のを3尾掛けるもファイト中にバラしで終了。

今年は!?試合中ぜんぜんあきませんね・・・(汗)

チャプターはどうなったのか???

ご無沙汰してます。

| 高崎 |

久しぶりの釣りがチャプターになりました。
ええ、真夏のクソ暑い時に濁った水で釣りなんて正気の沙汰ではないです@@

とりあえず、
湖の状況確認の為 ドック・水門・杭・ゴロタ・日が上がってからアシ
とチャチャっとチェックした感じでは
悪い水が岸際に溜まっているんで、岸際から次のカバーにいるな!と。

杭はイイ場所ってのとタイミングがあるんで、
岸際から離れたカバー(ゴロタやら)を狙う事にケテイ!

真夏のド・ピーカンの曇った瞬間だけ
トップでクチを使う昔から印旛沼であるパターンで攻める事にしました。

晴れてる時はルアーは投げず、
エレキも踏まずボケっと待っているダケ!

曇った瞬間にバズベイトのデッドスローで攻めます。

4発出しましたが、うまく咥えてくれず2キャッチで終了。
1300gと350gって・・・

他の2発も1300gクラスでしたが@@

 130804_130611masa3 

130804_135235masa21

今回はガンズルアーはエコルールの為、
使えませんでしたがこれから涼しくなってきたら、バクラでイワしますよ。

マスターズ第3戦

| 杉田 |

早くもシーズンの折り返しとなる第3戦。

これまで、第1戦5p、第2戦90pと大苦戦。

と、言うことで気合いを入れて臨んだプリプラ3日間では、
ほとんど何も掴めず、キーパーが居そうなエリアとレンジを3箇所、
ピックアップ出来たのみでした。

前日プラで、そのエリアの確認と新規エリアのチェックをすると、
漕艇場の沖でイージーにバイトが出て、なんとか使えそうなトコを発見。

後は、プリプラで見付けてた馬場川沖、八木崎、鵜の東で
何とか釣れればなと、言うくらい。

今回も厳しい状況の中、始まった第3戦「シマノ」CUP

image002

(写真はJB・NBCより)

目標は初日も2日目も、とにかく1本。

スタートはセカンドフライトの最後の方だったので、
選手の動きを確認します。

殆どが鵜の島方面に走るので、
漕艇場沖をファーストエリアに選択。

image006

先行者が2名程居ましたが、
エリアの釣りなので気にせずに
粘っても1時間と決めて釣りを開始。

すると30分程で1本目が釣れ、一安心。

その後も、1時間経たずに2本目。

その30分後に3本目。

しばしの「無~」のあと4本目と、
思ってた以上の好結果。

4本目以降、バイトが無い時間が続き、風も強くなったので
馬場川沖に移動。

前日に多数あったギルバイトが全くないので、すぐに見切って、

鵜の東へ。

image008

船団も少なくて、沖のハンプの3mにボートポジションを取って、
5mにキャストしDSをズル引き。

すぐにバイトが出ますが、残念ながらノンキー。

しばらく粘ってると、
周りもポツポツ釣れて期待してたところで、バイト。

ノンキーか微妙なサイズでキーパースケールに当てると、
もう本当にジャストキーパーでリミットメイク。

入れ替えを目指して、
タコ粘るもタイムアップで帰着に向かいます。

ウェインをするのに、最後に釣ったキーパーを再度、キーパースケールで
測ると、測り方次第ではキーパーのラインに触れるも、
普通に測ると0.1mm程足りず。

縮みおりましたわ~orz

厳しい試合でペナルティは
勿体ないので、4本でウェインしました。

結果は、1374gで20位。

image012

そして、2日目。
初日と同じ作戦で、漕艇場の沖からスタート。

初日と違って、この日はギルバイトも全然なし。

多くの選手がギルバイトを嫌いますが、
僕は全く逆でギル=ベイト

が居るはずと考えているので、これはマイナス要素。

長くやっても1時間30分と決めて、前日からシャローよりにずらして
狙うと、ラインが走る。

しかし、これはノンキー。

その次のキャストでギルの様なバイトが出たので、試しにフッキング
すると、見えた魚体はバスで1本目。

次のキャストでもバイトが出て、本気フッキング!!

が、ギ~ル~で恥ずかしーーーー

この3連チャン?の後、ピタリと何も起こらなくなって、
馬場川沖に移動。

稲垣さんが浮いてて、
釣れてるオーラが出てたので即移動。

鵜の東はボートが多かったので、漕艇場沖に逆戻り。

サイトでギルを見つけては、その周辺にキャスト。

MELTが微妙なバイトを捉えてくれて、2本目。

残り時間が1時間となったところで、
信号下までのエリアをジョイクロとOSA115で勝負!!

風も良く当たってて期待してたんですが・・・

と、言うコトで2日目は632gで38位。

総合成績は17位とバスプロ選手権の権利獲得?でした。

今回の大会、
初日が121人で163匹。
2日目が119人で129匹と厳しい試合でした。

そんな中でも確実にキーパーを拾えたのは、
MELTだからこそでした。

次戦は10/19・20の野尻湖です。

それまでは、CP戦を頑張ります。

【タックルデータ】

Set1

ロッド:killers-00 KGS-00 1-600L /MELT

リール:カルディアKIX

ライン: クレハR18LTD 3Lb

ルアー:豚皮

===============================