» 2013 » 9 月のブログ記事

七川ダム!

| 谷口 |

しばらく雨がなく減水していた七川ダムですが
週半ばまとまった雨が降り流入量が増え約5m増水
平水から-1mまで回復、水質は淡水赤潮が出ているエリアもあり。
水温は少し下がり28℃台となっています。

01

まず本流へ西側岩盤対岸でレスト108で一尾目捕獲、

02

トーフ岩5mラインでDSで1尾捕獲

最上流付近へ少ないながら良いサイズが差して居て

03

ピクピクで何度か口を使わすもノラず・・・

セメント工場上流7mラインで小さいのを追加し

04

添野・平井合流下流岬付近でDSで800gまでを数尾追加

05

沖でボイルする魚,800gを捕獲
平井筋を釣り上り、上流付近で2尾追加し

平井上流付近でクランクで本日最大約1400gを捕獲

06

最上流付近でライトRJ1.3gで約700gを追加し終了。

07

延期されていたチャプターに向けてええ感じに練習できましたが

台風接近で最終戦は中止に・・・

自然相手なので仕方ないですね。

今回の台風でスロープが流木だらけで使えないと言う情報もありますので
又、確認しに行ってお伝えしますね!

プリプラで3kgパターンを見つけてからというもの・・・

台風の進路と睨めっこ。

早々に温帯低気圧に変わったものの、コッチの方も豪雨。
水位を逐次確認すると、短時間で3mの大増水。

もう完全にパターン消滅したものと思って前日プラを開始しました。

上流にいたバスは何処に?
下流に下る事が多いので、
湖岸の地形を気にしながら釣っていくと、
ノンキーはシャローに残ってました。

普通?に釣るのは難しくないので、キッカーと安定して
キーパーサイズを釣るパターンを探しつつ
上流エリアに向かうと、
クランクでナイスキーパーが獲れる事を発見。

一安心して、
一応念のために3kgパターンの
エリアを見に行くと、なんと生きてる。

しかも、カレントのお陰でパワーアップしてる感じです。

他の選手にバレないように、直ぐにその場から離れて
プラクティスを終了。

前回のブログで書いたように、
年間トップとは8pt差。

ドラマを起こす為に自分がする事は「優勝」。
3kgパターンのみで勝負する事を決意して、
スタートしました。

image0033

上流に向かう選手が殆どで、バッティングが心配されます。

1艇1艇途中で止まり、
自分の前にいるのは年間2位の選手のみ。

目指すアウトサイドの岩盤が見えて来て、
岬でブラインドになってる所を抜けるとイ・ナ・イ。

「ほっ」として釣りを開始します。

このエリアは、カレントが強く当たって反転流と
フィーディングスポットが重なって、
周ってくれば口を使ってくれます。

狙い方は2通りあって、
Betty3.9inのDSをフィーディング。

スポットにフォールさせるだけと、手前のカレントから
ナチュラルドリフトで広範囲に流す釣り方。

最初はフォール主体で撃って行きます。
ギリギリキーパーサイズ2本とノンキーは数多く釣れますが、
肝心のキロフィッシュが・・・

1時間くらい経った頃に、
フォール後にステイさせ時間を少しとったところ、
引っ手繰るバイトが。

瞬間的にデカイのが分かって、
その瞬間から膝がガクガク。。

何度かのジャンプで心臓が止まりそうになり、
何度かの突っ込みで泣きそうになり、

ようやくネットに入れたバスは
ナイスプロポーションのキロフッシュ。

久しぶりに吠えました(笑)

この後もキーパーは釣れますが次第にバイトが遠のきます。

このタイミングで少し下流側に移動すると・・・
大半以上の選手が居ました。

これではバイトが遠のくのも分かったので、
選手のプレッシャーが無くなるまで我慢。

11時を回ると選手も移動して少なくなってきたので、
再度、入り直してフィーディングスポットを撃つと
早々に応えてくれて1kgで入れ替え。

あと1本。。。

何故かこのエリアの上流にある、少~し張り出した白い岩盤が
気になって移動し、そこにBettyを投入すると700g。

これで、ひょっとしたらひょっとするかものウェイト。

この後は推定キロ超えのスッポ抜けがあったりと、
入れ替え出来ずに終了。

検量すると3100gでした。

image0051

他の選手も好調だったようで、
3kgとかの声も聞こえてきましたが、
なんとか目標の「優勝」を飾る事が出来ました。

稲垣さんも5位に入って、今期4度目のダブルお立ちです。

image0092

気になる年間は、1位の選手が3位に入り残念ながら2位でした。
まぁ仕方なしですね。

たなちゅ~さん、おめでとうございます。

これで2013年のCP奥伊勢湖宮川も終了です。

1戦目にNFで、5点のスタートから良く捲って頑張れたと思います。
これも皆様の応援のお陰です。

ありがとうございました。

今年の残り試合もあと数戦。
気を抜かないで、最後まで頑張ります。

【タックルデータ】

ロッド:killers-00 KGS-00 1-600L /MELT

リール:カルディアKIX

ライン: クレハR18 4Lb

ルアー :Betty3.9in セクシーミミズ DS(1/16oz、1/32oz)

EYEWEAR DREADEYE

===============================

三瀬谷プラ

| 杉田 |

今期のトーナメントも終盤戦。
今週末にはCP奥伊勢湖宮川も最終戦となります。

現在の年間順位は3位。
トップとは8p差で2位とは3pと、逆転年間チャンプには、
まぁまぁ厳しいポイント差ですが、ドラマを起こすためには練習でしょ!
と、言うことで台風15号が心配されましたが行って来ました。

image0032

水位は-3m程で水温は30℃。
無風のカレント無しと非常に厳しいコンディションです。
ちょっと前までは、アオコが凄かったんでしょうか?
ところどころにアオコ団子が浮いてます。
そんな中でも、超チャイチールは超元気。ナンボでも釣れます。
肝心のキーパーサイズ以上は・・・

4日の豪雨で変わってるはずので、期待は出来ませんが、

image0062

3本3kgコースのキッカーパターンは見つけました。
外した時のキーパーエリアも見つけて、準備万端のはずが・・

雨さえ無ければなぁ。。。。。
水不足の地域にして見れば恵みの雨なので仕方なしですね。

こう言う時は、良かった記憶が行動を縛るので、
リセットして、前日プラでしっかりとバスを探して頑張ります!

夜のチャプターも頑張らんと(笑)

ちょっと報告が遅くなりましたが、先週に開催された
CP池原「ガンクラフト」CUPに参戦して来ました。

夏休みのプラで見付けたパターンは2つ。
一つは、水深6mでのシューティング。
バックウォーターから最初にベントした後のストレートに
ベイトが周ってて、バスが映れば入れパク。
二つ目は、岩盤+立木の直リグフォール後のロングステイ。
エリアは、前鬼筋が圧倒的にバスが濃かった状況でした。

前日プラでは、白川筋のバックウォーターからチェックを開始。
朝一から船団になってたので、ベイトだけ確認して移動。
屋敷跡の下流ストレートでシューティングで釣れますが、
サイズが・・・
立木も付いてるもののサイズが・・・
ちょっとずつ下流に移動し、この冬に社長がGAN’S GANGSで
釣ってた立木のシャローで、ようやくキロくらいのが。

image0031

この後も、釣れるもののサイズが良くてキロフィッシュ。
これでも十分なんですが、プラ王会長である稲垣さんの
パターンが強烈らしく、得意のおっきいのんから順にバラす技を
使って、4~5kgとか(笑)。
僕には、とても無理なので目標はMAX3kgに設定。

で、試合当日。

image0082

image0091

ミーティング終了して、スタート。
真っ先に前鬼筋へ。
最初は第二ワンド対岸の立木から。

一流し目はノーバイト。
稲垣さんは対岸に入って、直ぐにドラグを「ジィージィー」。
二流し目で、他選手が入って来てバッティング。
稲垣さんは好調のようで、ずーと「ジィージィー」言うてます。

このままでは心折れるので、このタイミングで、
一旦、立木から離れてシューティングに移行。

魚探を掛けると、6mでベイト&バス発見。
すかさずDSを落として様子を見ると、僅かなバイトを
MELTが捉えて、1本目700g。
これは直ぐにリミットメイク出来るだろうと思いきや、
バスは映っても、中々口を使ってくれずに大苦戦。

休めるために、再び立木エリアに移動。
Betty3.9in(プロト)の3.5g直リグで立木をタイトに落とします。
幹や枝に当たれば、ソコでロングステイ。
ブラッシュフラットテールの動きで誘いますが、バイトしても
乗らない。
どうやら雨で小さいのんの活性が上がってしまった模様。

帰着は13時で、残り約2時間。

再度、シューティングに戻り魚探と睨めっこしてると、
沖でスーパーボイルが起こり、シャローにベイトを追い詰めて
います。
すかさずジョイクロ投入するも、ミスキャストorz

けど、ボイルは続き再びチャンス到来しますが、バスの目は
完全にベイトに向いていて喰わせれませんでした。

これで、ひょっとしてシャローに浮いてるのかと、
サイトに変えて探してると、3匹で40くらいのがスクール。
進行方向にBetty3.9inをキャストして待つとバイト!
喰ったバスは待望のキロフィッシュ。慎重に慎重にいなして
無事にランディング。

2本目は1300gでした。

これで2kg。目標の3kgまでキロフィッシュ1本。
サイトを続けますが、天才君だったり食わし処が無かったりと
続きません。
時間も差し迫って来ると、他選手も続々とやってきてプレッシャーが
高まります。

残り1時間となったところで、前鬼筋を移動。
本流の岩盤+立木に絞って、ランガンを開始。
すぐに極小キーパーサイズは獲れてリミットメイク。
この後直ぐに入れ替えし、釣れるもののサイズは上がらずに
タイムアップでした。

検量すると、2340g。
な~んと、稲垣さんと同ウェイトでした。
と言う事で仲良く4位と5位で、今期3回目のダブルお立ちでした。

image011

(写真はNBCNEWSより)

image013

今大会は、プロトのBetty3.9inが大活躍でした。
リザーバーにはベストマッチなサイズで、色んなリグで使えます。
僕のオススメは直リグです。
もうすぐ発売との事ですので、よろしくお願いします。

【タックルデータ】
Set1
ロッド:killers-00 KGS-00 1-600L /MELT
リール:カルディアKIX
ライン: クレハR18 4Lb
ルアー :Betty3.9in
EYEWEAR DREADEYE

お盆休み

| 谷口 |

まったく雨の無い七川ダム、日に日に、流入量も少なく
少しづつ減水し平水から約-5m
トレーラーランチングが無理な水位になっており
カートップも悪路をダムサイト側に渡らなくてはなりません。

その影響でCP和歌山は延期(涙)

image001

image0021

お盆休み前半は初盆だったのでお寺に行ったり色々と

17日・18日とジョンボートで友人と出撃

17日は本流セメント工場上流4~5mラインと
添野平井合流付近4~5mラインで1.8gDSで

image003

image0041

平山氏最大約900gを頭に10尾程の釣果

image005

翌日

image0061

18日は添野平井合流とセメント工場上流でベイトが目視できる所、魚探にベイトが映るエリアで
前日よりも浅い水深、3mラインでライトキャロ3.5gや1.8gDSで
私が約1300g1100g900g×3他15尾程、

image007

image0081

鈴木氏が約900gを含む10尾程度の釣果となりました。

image009

釣り方ですがDSやライトキャロのドラッキングでゴリ?ウグイ?と思われる(プルプル)来るアタリを
合わせず我慢しているとバスのバイトが出るといった感じ、風が吹くのもキーとなりました。

中々厳しい状況だったと思いますが、まあまあええ魚が獲れたと思います♪

CROSS EYE (クロスアイ) KGBS-00 1-650L
シマノ2500番
R18BASS4Lb
ベティ3.9・他など 3.5gライトキャロで

GRID (グリッド) KGBS-00 1-650UL
シマノ2000番
R18BASS4Lb
ベティ3.9、1.8ggDS

他、3.5in位のストレートワームなど

通常釣行???

| 谷口 |

七川ダムへ通常釣行???

image002

前回からさらに、雨も降って居ない為、

流入量も少なく無く、少しずつ減水

11頃から出船し、まずダムサイト方面へ、持ち駒の一つ、

岩盤、ガレ場のシェードをRJで狙いますが不発・・・

本流上流付近へ、トーフ岩付近で小さいのを2尾捕獲後、
最上流へ行きますが見えている魚も居なかったので

image004

少し下流で約600gを捕獲後、

image006

平井筋へ湯の花橋上流4mラインでライチキャロ3.5gベティ3.9Inで
小さいの~約600gを4尾追加し

image008

最上流付近へ此方では少しマシなサイズが数尾、
ライトRJリアクションで約800gを捕獲

image010

ベティ3.9DS1.3gで約800gを追加し

image012

添野筋へ、

最上流に行ってみますが魚の姿は無く少し下流5mラインでJHW1.3gベティ5.9・他で

800g・900gを追加し5本、約4100gで終了となりました。

image014

image016

BWの魚が減ってていいサイズは入りませんでしたが

そこそこ数釣り出来たので

ええ感じに楽しめましたよ♪