» 2014 » 6 月のブログ記事

成績出なかった試合ネタはスルー(笑)
そんなCP和歌山第2戦はドラマは何も起こらずタダの人で、
何故かドラマの起こりやすい、CP奥伊勢湖宮川ネタです。

前週に2日間プリプラに入って、湖の状況確認。
個人的にはアフター回復のバスを表層パターンで組み立てればと
Z-CLAWにビッグスパイダーマイクロのピクピクでハマるエリアを
探してみますが、ヌメリオンラインサイズまでは相手してくれるも、
まだまだ回復組は殆ど少なくダメェな感じ。

2日目はレンジを下げるのと、水質とカレント等良く観察して
上流~下流全体を見ていくと、インレット絡みの何かに
未だプリメスが居る事を発見。

image0011

他にもミドルレンジをナイスキーパーがスクールしてて、
それに当たるとバイトラッシュ!

けどそれが何処で当たるのかは不明で終了。

前日プラは下流からチェック。

最下流の岩盤で50弱をゲッとん。けど前プラのパターン的には

外れてるので頭の中から消去。

インレット絡みを探して行くと、回復とプリが混在。

image0082

image0091

けど単発で当てもの要素が大!

これじゃぁ、コケる可能性が高いのでバックアップのキーパーパターン
を探してみるも、スクールにも出会わず釣れなーい。

前プラは、キーパー釣れずのビッグフィッシュのみで4kg弱のウェイト。

プライベートなら十分なんですが、
試合となると不安一杯で久々にプラ王の実力発揮的な雰囲気がマンチクリンでした。

で、試合当日。

前日の晩から雨が降り続き状況変化が気になります。

フライト順が良かったので、中上流から下流にランガンする作戦。

スタートして、まずはベースを作りたかったので、
回遊してそうな護岸絡みの岩盤から釣り始めるも、「無」

放水に伴うカレントが出始めたので、水の当たる所のみチョイスして
釣って行くと、ようやくキーパーが釣れ250g・・・

カレントが出てもこのサイズなんで、
このタイミングでインレット狙いに変更。

ちなみにインレット絡みと言っても直接狙うのでは無くて、
インレットの上流側にある何か(岩盤や岬・レイダウン)で、
はっきりと分かってません(笑)

で、狙ったのは土の張り出し+沈んでる倒木。

雨のせいなのか前日まで浮いていたベイトが居なくなってるので、

深めまで探るつもりで、
Betty3.9inグリパンのショートDSを
倒木に絡めながら落として行くと、、、

バイト!

フッキングした瞬間から重量感タップリで同時に膝がガクブル

取敢えず倒木から引き離すのにMELTのバットパワーで浮かせると

デカイ。

沖に誘導してからドラグを緩めて慎重にいなしてネットイン!

推定1500gオーバーゲットん。

やはりプリメスにはBetty3.9inですわー

後はキーパーを狙ってリミットメイクして250gを入れ替え。

ウェイトを推定2100gで下流に移動。

要所要所を狙って行きますが、
釣れてもノンキーでキーパーでもヌメリ掛かりサイズ。

こりゃぁエリアを外したなと気が付いたのは後の祭り。

今更上流に戻る訳にも行かずにどーしようかと考えた結果は、

シャッドでのフィーディングバス狙いを一か八かで選択。

下流左手のクリーク上流部にあるストレッチをシャッドで流します。

もうそろそろフィーディングエリアが終わるくらいの所で

「ガツン」とバイト!

これが推定900gと入れ替え成功で3kg弱までウェイトアップ。
後はシャッドで流すも、入れ替えサイズは釣れずに終了。

ウェインすると2828gで嬉しい冠試合での「優勝」でした。

image0111

image0131

今回は運にも助けられましたが、
冷静?な状況判断ができた様な気がします。

ちなみに、Betty3.9inをオフセットフックで
DSをする場合、はテールを揉み揉みして塩を出すと良いですよ。

これで4/5戦が終了し、年間順位は1位。

2位には稲垣さんで、
ポイント差から行くとチームメイトでの年間争い。。。

そこに上下関係の厳しい掟はあるのか・・・・(笑)

次戦はもう完全に苦手になってしまった七川ダムでのチャプター和歌山第3戦。

果たしてブログネタは書けるのでしょうか。

<使用タックル>

Set1

ロッド:killers-00 KGS-00 1-600L /メルト

リール:ダイワ

ライン:クレハR18 4lb

ルアー:Betty3.9in(グリパン)

リグ :DS2.7g

Set2

ロッド:killers-00 KGS-00 1-600L /メルト

リール:ダイワ

ライン:PE+リーダー

ルアー:シャッド

===============================

さらに減水

| 谷口 |

前回よりもさらに減水のシチカワ・・・

image001

当日しとしと降る雨の中スタート

まずはスロープ前対岸から今津橋上流ワンドまでをJC178やTWでチェックし

チェイスは出るもバイトまで行かず・・・

image0021

添野・平井筋を釣り上りますが小さいのは釣れるもののサイズが伸びず

平井筋へ最上流の魚は薄く、
image0032

一段下がった3m~5mラインを

1.8gDS、3.5gライトキャロで川の真ん中を探ると

最大700gを頭に数尾捕獲
image0041
image0051

添野に移動し、レンタル桟橋上流川幅の狭まる3m~5mラインで700gまでを数尾捕獲
image0062

最後に本流最上流へ、こちらは雨で少し流入が増えた為か他の川筋より見える魚も多く

トーフ岩付近で本日最大となる約1600gをで捕獲
image0071
image0081
image009
image0102

約1キロを3尾他を捕獲し良いの5尾で約5500gの釣果となりました。
さあ減水でいよいよトレーラーランチングも無理な水位となってしまいました・・・

このままやとチャプター和歌山も開催出来るか微妙ですね(汗)

梅雨やのに・・・

| 谷口 |

七川ダムですが

梅雨やのに降る雨の降水量は少くなく

流入量は少なく減水しています。

image002

各BW上流付近で魚を探しますが

image004

image006

image008

最上流付近の魚は先週より激減

一段下がった3m~5mライン

岸際では無く、川の真ん中を狙うと

サイズが上がることがわかり
image025

image026

image027

image028

image029

岬回りでも少し沖めを狙い少しサイズの良いのを捕獲!
image030

まとまった雨が欲しい感じのシチカワでした~

CP奈良はお休みしていたのと第1戦はお休みしたので

今年初めてのCP戦!

image0031

先週の感じから目標の3㌔を揃えるのは
一つの川筋では難しいと思ってたので大移動も考えていました。

フライトも早かった為,本流最上流へ

トーフ岩付近から釣り上り程なく、キロ位の魚を見つけアプローチ

小さいワームのDSを試してみますが着水音で逃げる魚で
追い掛けながらルアーローテ
やはり小さいワームや表層での反応は悪く

ビックスパイダーNS水面直下を試してみると
image005

ウソのように反応が変わりバイトが出ますがすっぽ抜け・・・

小さいのを3尾揃えてから最上流付近へ

image007

オカッパリの方が居ましたが承諾を頂き上流へ
先週よりも水位も水温が下がった事が影響してか?

思ってた通り、魚も薄く警戒心も強い魚でした

表層もボトムも嫌う魚でしたので

ビックスパイダーNSを水面直下でシェイクし口を使わせ
2尾入れ替えし約2500g

何回か口を使わせたりしたのでプレッシャーで
魚も上がって来なくなったので・・・

ここで選択

魚が上がって来るのを待つか!?

時間を犠牲にして移動するか!?

目標の3㌔を目指し11時平井最上流まで大移動

ビックスパイダーのノーシンカーで
入れ替えサイズを2尾程口を使かわせますがフックアップせず・・・

image0101

3尾2650gで6位と言う結果でした。

結果は6位でしたが

当初考えてた通り、
大移動し攻める釣りが出来たので!?

悔いは無し!

又練習します~

レイジーブレイブ第3戦に参加して来ました。

image003

先週反応が良かった平井最上流付近と本流最上流付近でアフター回復系狙い

岸を向く魚にはNSとフローティングカバーに浮く魚には
DSを着水音に気を付けながらアプローチしボトムで口を使わせ

少しづつ入れ替えしますが

先週より魚が薄くサイズもいまいち・・・

ウエイトが伸びず
5尾3660gで同ウエイト4位と言う結果でした。
image010

試合終了後はチャプターに向けて練習~

平井最上流付近と

image011

本流最上流付近で
image012

良いサイズを捕獲

image013

image014

image015
image016

なんで試合中に獲れないんでしょうか(汗)
でもチャプターに向けてええ練習になったかな?

気が付けば前回のブログから1ヶ月たってました・・・

スミマセンorz

その間、GWは七川にプリプラとソルトCP紀東に出場し~の、

翌週にはCP和歌山に出場し~の、

更にその翌週には三瀬谷のプリプラと忙しくしてました。

で、今回は先週に開催されたCP奥伊勢湖宮川第3戦のお話です。

プリプラで、アフター回復した個体のパターンを探して

考えられる事を色々試して見つけたのが、

カバーでのBetty3.9inのDS。

好反応ですがサイズが700gまでとイマイチ・・・

010
(分かるかな?バスの歯でボロボロのBetty3.9inセクシーミミズ)

今年はスポーニングが早かったので、キロクラスの回復系が

居ても良いのですが中々見つからず、最後にサーモクラインが

はっきりしてたのと表層の水質が悪かったので、ミドストを

やってみたら答えは一発↓でした。

011

前日プラでもフィーディングスポットでミドストを確認し、

試合当日は、カバーでのBetty4.9&3.9でのDSでベースを作り、
ミドストでキッカーを入れる作戦。

唯一の不安材料は水質が悪くなってる事と、
チャイチールの活性が上がってサイズを選ぶのが難しいコトでした。

で、試合当日。。。

下流のカバーからスタートするもお留守・・・
場所には固執しないで、エリアでランガン。

岩盤の張り出しでミドストして、速攻のリミットメイク。

けどサイズがぜ~んぶ250gとアレッな感じ。orz

直ぐ近くのオーバーハングしているショボイ植物の下にBettyを
入れると500gで入れ替え。

そこから上流に向かって流しつつ250gを入れ替えて360gまで

ウェイトアップ。

けど、この日は全くと言って良いほど水が動かず、
バイトも少なくショートバイトで厳しい状況。

会場対岸まで釣り上がり、そのまま上流に行くか、
再び下流に戻ろうか悩みつつ、ミドストしてると650gが来て入れ替え。

この後はミドスト1本勝負でやり続けますが、

なにも起こらず・・・

最後にキロ近いパパを発見し、ドラマ来た~と
思ったものの、超天才君で僕のショボイテクニックでは
手も足も出せず、TOTAL1500gちょいで終了となりました。

完全に外した試合だと思ってましたが、他の選手も苦戦してた

様で、何とか4位に滑り込めました。

稲垣さんが3位と今期2度目のアベックお立ち。

まぁまぁ苦戦しましたが、
終わり良ければ全てヨシ!ですわ。

012

013

次回参戦するのは、6/8のCP和歌山第2戦。

第1戦はアベレージだけで終わって、僕にはやっぱり難しい七川ダム

でしたが、何とか攻略の糸口だけでも見つけたいと思います。

<使用タックル>

Set1(カバー)

ロッド:MELT BONE

リール:ABU

ライン:7lb

ルアー:Betty3.9i&4.9n(グリパン・セクシーミミズ・777)

リグ :DS3.5g

Set2(ミドスト)

ロッド:ブルーシリーズ クロスアイ

リール:ダイワ

ライン:3lb

===============================