1月16日(土)大阪 泉佐野から出ている『K’s』さんでジギングに行ってきました。

今回はテレビや雑誌に出ているエキスパートの人も一緒という事でテクニックや知識をいろいろ教えてもらってきました!!

 

まずは水深70m位でのタチウオ狙い!!

IMG_1248

しばらくがんばりましたが、シーズン終盤も終盤ということで船中『ポツッ』と釣れてくるのみ。

結局、私にはアタリもなく船中もアタリが無くなったので予定を変更して早急に青物狙いにポイント移動!!

 

明石海峡大橋をくぐって淡路島西方面に移動しました。

IMG_1213

今回の青物パターンは『イカナゴパターン』

以前から話に聞いていましたが、『イカナゴパターン』は

海底の砂にもぐっているイカナゴが砂から出てくるときに青物に捕食されるパターンで、砂から出てくるイカナゴをイメージしてジグをアクションさせることが重要です。
アクションは細かく速いワンピッチで、誘うレンジはボトムから5m位。それ以上ジグを上げると効率が悪いのであえて、ボトム周辺のみに絞って誘っていきます。
狙う水深は30m~40m

今回の私の釣り座である左舷のみよしでは、明石特有の早い潮流によってジグのストライクゾーンが短かかったので、あえてジグをキャストしての斜め引きにしてストラークゾーンを広く取るようにアプローチ!!ジグを斜めに引くとボトム層を長く引けるためアクションは10回ほどつけました。

船中では一流しに誰かにヒットするような感じでしたが、私には全くのノー感じだったので、同船者の方にいろいろ教えてもらうと、
どうやらフォール中のバイトがほとんどのようなので、ジャークからフォールの切り返しにメリハリを付けてやると

するとすぐにフォールバイトが・・・・!!

IMG_1238

IMG_1224

IMG_1222

ハマチ
コソジグ120g(セグロ)
オーシャンキラーズ♯00(プロト)

 

饅頭さんもコソジグで↓

IMG_1218

コソジグ120g(シルバーミラー)

 

 

さらに、150gでも同じパターンで検証しようとすると

おまけのサワラも登場!! (楽勝80cmオーバー)↓

IMG_1219

コソジグ150g

いい感じにパターンをつかんで来たと思ったら青物タイムアップ(笑)

帰り際にもう一度タチウオを狙い。

今度はパラパラ当たってきて、バラシも3度ほどありましたが2本GET↓

IMG_1215

IMG_1253

コソジグ120g(セグロ)

 

今回は、明石の『イカナゴパターン』でのCOSO JIGの可能性について検証しましたが、個人的には大変効果的だと思います。
COSO JIGはシルエットが細めで小さいので移動距離が短いのが特徴ですが、速いアクションの場合、ジグの細い残像が残ります。
以前、テレビの水中映像で高速で移動するイワシが映っていたとき、イワシの形は見えず残像だけが見えていました。
その、イワシを狙ってヒラメが捕食していたのですが、今回のイカナゴも砂から飛び出した後、高速で逃げたとイメージすると細い残像のみが残るため
シルエットが細めで小さいCOSO JIGの効果は

『砂から飛び出すイカナゴをイメージして速い細かなアクションを付けて、フォールで食わせる!!』

これが、今回のポイントだったと思います!!

最後に今回のメンバーの釣果写真を↓

IMG_1233IMG_1229IMG_1230IMG_1231IMG_1232IMG_1235IMG_1237IMG_1241IMG_1252IMG_1242IMG_1254
みなさん、いい感じに釣られてましたよ!!

《タックル》
ロッド:オーシャンキラーズ♯0 ♯00(プロト)
ジグ:コソジグ 120g /150g