» 2011 » 2 月 » 22のブログ記事

バレンタインの後は体重増!

かなり見栄はっちゃったりしてる杉田です。
 

2/20にチャプター奈良第2戦「ガンクラフト」CUPに出場して

来ました。

1週間前にプリプラに入って情報を聞くと、かなり難しいとの事。

ゼロとか1本のみとの声が多かったので、厳しい大会になると

予想して、リミットメイク出来るパターンを探すと、

ディープのリアクションと喰わせで、ポツポツと釣れました。
sugiimage0021

sugiimage0041

前日プラでこのパターンを試すと、一応再現性あり。。

と言う事で、キーパー場でリミットメイクを早々にして、

ビックフィッシュをシャローでやっつける作戦としました。

 

で、試合当日。

稲垣さんの、冠を代表しての挨拶でミーティングが始まり、

スタートして、キーパー場に直行。

そして1投目。15mまでDSを落としてラインを張ったら

すでに喰ってました。しかも中々の重量感でヨッシャーと

思って、ドラグ出し~の、ゆっくり巻き~のと慎重にしてましたが

「フッ」と軽くなって、やらかしてしまいましたorz・・・
 

この後は、周りではポツポツ釣れるも僕にはバイトが無く

イヤ~な雰囲気が出始めた頃、待望の1本目をゲット。

この辺りで船団が大きくなって、やりたいコースにルアーを

通せなくなったので、ちょいと船団から外れると、バイトが出て

2本目ゲット。

後1本でリミットメイクと言うトコまで来ましたが、

ココからは無~の時間が多く、バイトが出てもすぐにバレるは、

ショートバイトで乗らないは、大苦戦・・・

で結局、シャロー勝負にも行けずに、2本で終了と不甲斐ない

試合をしちゃいましたorz。

e382b9e382aee38394?

敗因は、リミットメイクに拘った事ですねぇ

もっと、臨機応変にするべきでした。

次戦は、3月5・6日のマスターズ開幕戦です。

今年こそは、極寒の河口湖バスを釣ってやります!

あっ言いきっちゃった・・・(笑)

『チ○ビが出るまで早送り』
大人向け映画鑑賞ではせっかちな
オヤジトーナメンターの稲垣です。

事前情報では
『厳しい』『釣れない』の声が多く
ディープにバラツキがあり
去年の秋から居場所が散ったままで
固まりきっていないとの事。

ただ木曜日に降った暖かい雨の影響で
体力のある個体がさして来ているらしいので
日があがり気温が上昇したら
チェックでもしようかなと考えていた。

『ディープパターンは厳しい』とは言いつつも
勘違いともいえる根拠の無い自信もあったので
越冬場所には大きな変化はないと判断し
定番といわれるディープエリアを重点的にチェック。

時間があれば流入河川の上流やシャローを
見て回ろうと考えていたが
事前情報の通り
例年であれば手堅いはずのディープパターンの
ポテンシャルが極端に低く
バイトが遠い上にショートバイトが多い。
結局、ダラダラと多くの時間を費やしてしまった。

プラを通してわかった事は
なんやかんや言うても
固まっているトコには固まっている。
ただ、クチを使ってくれないだけ…。

全体的には散ったままディープについたイメージで
何も映らないトコでポロっと釣れたりもする。

それとリグを浮かせてはダメ。
ズル引きもシェイクもていねいに攻めないと
クチを使ってくれない。

で、プラン的には
ポロっとしか釣れないエリアは
試合時間内でリミットを揃えるのは
リスクが高すぎるので
定番中の定番のエリアでリミットを揃えておいて
残りの時間は過去の実績場所の
シャローとディープをランガンする作戦に…。

プラの釣果は…。
七色ではナイスサイズの800gクラスを
きっちりと前日プラで釣っちゃうトコがプラ王なのよね(笑)
e38397e383a9e38080e382ade38383e382abe383bc1

今日の一句♪
『ていねいに
? ディープを探り
? 見つけても
? 再現性が
?無さすぎる』

かなり運まかせな試合展開になりそう…。