» 2011 » 8 月 » 2のブログ記事

『大人気ない』と言うよりも子供。
の オヤジトーナメンター稲垣です。

大会1日目。
フライト抽選では第2フライトのベベタスタートになった。
e382b9e382bfe383bce38388e38080e4b889e780ace8b0b7
上流に向かう選手が多いのを見て
先週のパターンと前日のサカナが残っていることを願って
下流のクリークを目指した。

前日にもそのクリークでポロっと釣れて
他の場所よりサカナが濃いという単純な理由。

到着して先週と同じリグを投入。
反応してくれるのはノンキーのみ…。

周りの選手はポロポロ釣れている。
コレはイヤな展開やなぁ…。
『あせりは禁物』ってわかってても…。

同じエリアで粘ったが釣れそうな気配が薄れていき
周りの選手も少しずつ減り始めた。

クリークの下流側から風が吹き始めたころ
さらに選手が減ってポジションの移動がしやすくなったので
プラで釣れた貧相なブッシュへ移動してみる。

移動途中、気になったオーバーハングへキャストしたら
ゲロ痩せキーパーちょいが釣れた。
これでキモチが相当ラクになった。

そのサカナは上から見るとウスッペラで
エサを捕食できてないのが一目瞭然。
シャローに上がりたての様子で色も悪かったので
状況の判断材料になった。

狙いのポイントも
オーバーハング&シャローで条件は一致。
それにプラス要素で冠水した木。

昨日のサカナがいてますように…。
願いをこめてキャスト。

が、オーバーハングの下の
目の前に垂れ下がったカズラの木を
意識しすぎてミスキャスト。
ラインがカズラに引っかかってしまった。

ヘタくそ丸出しやなぁ…。
近づいてラインを外そうとしたら
ラインがとんでもない方向に引っぱられている。

またギルかもしれんけど…
とりあえずフッキングしとけ。
その直前に2匹、巨ギルを釣っていたので
あきらかに手抜きのフッキング。

で、力強い引きに『ギルちゃうやん!』とあわてて追いアワセ。
ラインの絡みを外しにカズラに近寄って
あとはゴリ巻き(笑)

上がってきたのがキッカーサイズ!
『よっしゃー!』
ランディングに成功し
クリーク内にオヤジの雄叫びがこだました。

今日の一句♪
『自信アリ
 人並みはずれた
 ミスキャスト
 コレもひとつの
 才能か?』

サカナがいる場所に向けて
勝手にルアーが飛んで行くんデス(笑)