» 2012 » 12 月 » 1のブログ記事

オヤジ達が集まってそのテの映画を観ていたら
はよ 脱げや!の罵声。
イライラして早送りをしていたら
なんのこたぁない『着衣プレイ』だった。
オヤジトーナメンターの稲垣です。

試合当日。
目が醒めた時点で気温が3℃
防寒対策のレベルを少しあげて対応する。
思った以上に冷え込んで
釣果に悪い影響が出そうな予感。

そんな中、スタート。
e7b480e4bc8ae58d8ae5b3b6e78e8be5baa7
狙いのポイントは土場の岬となだらかなバンク。
プラでは600~700gの回遊系?がいい感じで釣れたので
サカナが回ってくることを期待して
ファーストポイントに選んだ。

で、バイトが無ければプラでよかった対岸の岬に移動しようと
目論んでいたのだが他の選手が入ってしまった。

ポイントに着いて魚探をかけるとプラとは画像が違う。
ベイトが少し落ちて16m付近で反応がある。

シューティング気味にリグを落とし
ひたすら小刻みにシェイクしながらドラッギングする。
いかにも喰いそうな画像でも反応がない。

対岸に入った選手がネットを何回か使う姿を確認しながら
入ったポイントが悪かったんかな?と思い出す。

バイトが出ない時間が長く続き
そろそろ移動しようかな?と考えはじめた。
移動の前にもう少し広くエリアをチェックしようと思い
全神経をティップに集中しシェイク&ドラッギングした。

オダか何かが引っかかったような感触に反応して
スイープ気味にフッキングしてみたらビミョーな生命反応。
上がってきたのがキーパーちょいのサカナ。
すでにディープに落ちて時間が経過している様子の体色。
狙いのサカナじゃないけどひと安心。

で、釣れたポイントを集中的に狙うも後が続かないので
前日プラでいいサカナが釣れた場所を
ランガンしようかと思い始めたとき
いい感じのバイトが出た。

夢中になってフッキング。
ディープのサカナなので早巻きは禁物。
が、意に反して勝手にサカナが浮いて来る。
ジャンプしませんように…。

ドキドキしながらラインを巻き取り
キーパーあるか無いかの超おチビちゃんで難なくネットイン。
キーパースケールをあてると
ノンキーパーとも判定されそうなオンライン!
まぁヨシとしておこう。贅沢言わんとこ。
しかし釣れたレンジが17mとは…。

この1匹でレンジもエリアも広い目に設定し直し
距離で言うと70~80mの間のバンクを行ったり来たり。
レンジは12~17mとなんのコッチャわからん状態。

その後、移動しようと思ったタイミングで
ポロっと釣れたりするので離れることができず
そうこうしているうちにリミットメイク。

しかし、限りなくノンキーパーに近いサカナが
2匹入っていたので、それを入れ替えたくて、そこでネバる。

今日の一句♪
『あきらめて
 移動を決断
 したとたん
 バイトがあって
 動けない』

移動のタイミングって難しいよなぁ…。