» 2012 » 12 月 » 6のブログ記事

あの御方はDVDの機能を駆使してご満悦。
さすがオヤジ代表!足元にも及ばない杉田です。
2012120601

いよいよ2012年を締めくくる紀伊半島王座決定戦。
この1ヶ月の努力が実を結ぶのか・・いやっ結ばせたいとの
思いで気合いを入れます。

スタートして一番に向かったのは、土場の岬。
ここはプラでは450g平均でバスが入ってれば30分でリミットメイク
出来るだろうと思ってたトコです。
先に稲垣さんが入ってたので、入れて貰って釣り開始。
13~16mで入ってくるタイミングを待ちますが、急な冷え込みが
原因なのかベイトも全く映らず気配なし。
時間だけを使ってしまい移動。

つぎのエリアは250gでリミットメイク出来るだろうと考えてた
大井谷。
ココは唯一この1ヶ月間安定して釣れてたエリア。
10mのラインが熱く一流しで3本は行けるだろうと
思ってたんですが、ココもバイトは無。
やはり水温低下でレンジが下がったのかと12mラインに
移動するとようやくバイトが出て350gとココにしては
ナイスキーパーの1本目。
しかし後が続かないので、ディープを止めてシャロー勝負に変更。

下流域にあるウッド系カバーに行き、祈る気持ちで
ビッグスパイダーマイクロの直リグをキャスト。
カバーに引っ掛けてシェイクし落とすとバイト!
が、肝心なところでドラグ設定がユルユルでミス・・・
正直、自分が情けなくて気持ちが折れかけましたが
ここで試合を自ら捨てては今年の全てを無駄にしてしまいそうなので
なんとか気持ちを繋げてキャストを繰り返す。

釣れる3本の木をローテーションし、水温も上がって、
本来ならレンジを上げたいとこですが、
何故かレンジをそれまでの1m付近から2mまで下げて見ると、
フォール中のラインが止まったので、フッキングすると喰ってました。
このレンジを続けて狙うと、今度は明確にバイトが出て3本目。
これは一気にリミットメイク?なわけが無くて居付きなので、
釣りきってその後はバイト無く移動。

お次は新規に開拓した立木。
狭い範囲なので、サクッと釣ってみて居なかったので移動。

そして朝一の土場の岬に再度入ってみるも、
魚探の映像は朝と変わらなかったので最後の移動。

残りの時間は30分。
黒潮ワンド入口のカバー。ココは崖崩れでディープまでカバーが
入ってます。
朝から粘ってた選手はディープのカバーを狙ってたので、
ミドルレンジのカバーを狙います。
プラではリアクションで喰って来る事が多いので、
引っ掛けては外してのハングオフを繰り返しているとバイト!
が、これは残念な事にミスバイト。。。
残り時間が刻々と迫ってくる中、ラスト3分でバイトが出て4本目。
ラスト1分の奇跡を信じますがタイムアップorz

リミットメイク出来なかった悔しさで凹みながら帰着。
この日はスタッフも兼ねてたので先にウェインしてお仕事。
検量係をしてたんですが、他の選手も厳しかったようで1~2本の
ウェインが殆どでした。
表彰式が始まり、ちょいと期待していると4位でコールされ、
最後もお立ちに立てて努力が報われました。
しかも、チーム戦もCP奥伊勢湖宮川の選手で2・4・5位と
ブッチぎりで他のチャプターを抑えて連覇を達成!!
良い終わり方が出来ました。

これも皆様の応援があってこそです。1年間、ありがとうございました。

【タックルデータ】
Set1
ロッド:killers-00 KGS-00 1-600L /メルト
リール:カルディアKIX

ライン:クレハR18 4lb
ルアー:ビッグスパイダーマイクロ(#20)1/11oz直リグ風 

Set2

ロッド:killers-00 KGS-00 1-600L /メルト
リール:カルディアKIX

ライン:クレハ 2lb
ルアー:Betty4.9in#03約1inカット ワッキーDS 1/11oz