畳の上より腹の上で…。
なんやかんや言ってもフネの上で死ぬ確率が高そうな
オヤジトーナメンターの稲垣です。

和歌山チャプター第2戦の報告を…。
まずはプラから。

二津野ダムから七川ダムに会場が変更され
頭ん中は過去に釣れたパターンやエリアの事でイッパイ。

しかし急激に増加した水位が
どう影響するかがキーになることは確実。
ある意味、プリプラに入れなかったことで思い込みがなく
前日プラはサカナのポジションを探すことに専念することができた。

現地に到着してみると今まで見たこともない水位で
本流バックウォーターはその時点で消去。
で、まずは本湖から…。

案の定、カバーだらけで
『どんなカバーについているか?』から探っていく。
今までにない水位なのでカバーの下の地形や地質がわかりづらい。

数少ないインレット周辺の浮きゴミにテキサスリグ9gを…。
ポロって釣れた。 800gくらいか?
うーん。 インレットはみんな撃ちそうやしなぁ

ダムサイト方面へ
水位が上がって普段は岬になっている場所へ行くと
少し沖の深いトコにメスらしき魚影を発見!
いろいろやってみるがクチを使う様子がなくオスを探す。

いました。 水深1mの松の木の根っこのトコに…。
ロックしているか試しみると、どうやらできたてホヤホヤの様子で
反応は上々。
こりゃ簡単に獲れるな…。
反応だけを確認してガマンガマン…。

似たような場所を探す。
急激に水深があがったので見える水深はテッテー的にチェックする。
すぐに2箇所目発見。

しかし浮きゴミと木の枝が邪魔して撃ちづらい。
反応もマズマズ。 使えるかな?
メスは見当たらないし…。
サイアクの場合はココに来ようっと…。

探せばそれっぽいスポーニング絡みの魚がおり
場合によっては試合中にも新しい魚も発見できるかも。
あとはそういう場所の確定作業を…。

シャローをチェックしながら行くと
警戒心が強そうなヤツや
すぐに産卵行動に移りそうなヤツを数匹発見。
コイツらが明日どう変わるかやな。

まあまあの感触を得て上流の魚を確かめに行く。
一番距離が短く近い添野川へあがってみる。
いっぱいいますがな(汗)

数はいてて、サイズもまあまあ。
しかし、反応はイマイチで自分にはチョット難しそう。
優勝するにはコイツらが影響するんやろな…。
おそらく他の選手にもこの魚は見えてるやろさか
プレッシャーがかかり余計に釣りづらくなることは確実。
サイアクのサイアクの事を考えて
どうやったら釣れるかやってみたが喰ってくるのは
狙っているサイズではなく400gくらいまでのチビ。
やめとこ…。

残る時間を平井川上流や黒谷で過ごし
最後は生コン前で終了。

他の選手はあまり釣れていない様子で
あとは明日までこの水位を維持してくれることを願う。

今日の一句♪
『プラ王に
 ならないために
 残しとこ
 噴き出しそうな
 ガマン汁』