逃げるように野尻湖から帰ってきた
オヤジトーナメンターの稲垣です。

初日。
10110_20100925_070159

フライト順がよかったので
プラで釣れたポイントへ直行する。

ココは去年もまぁまぁしつこく攻めたエリアで
地形などがアタマの中でイメージできていたので
風が吹くまではココでがんばってみる。
が、なーんもナシ。

回遊を期待してネバってみても
なーんもナシ。

リグを変えたり流すラインを変えたりしたが
なーんもナシ。

次第に風が強まり
ボートポジションをキープするのが困難になってきたので
風ウラになりそうなエリアへ移動。

魚探に反応があるものの
釣れるイメージが湧かない。
回りも同じ様子で
ロッドを曲げたりドラグ音が鳴るような光景は見受けられなかった。

回って来ないなら
コッチから動いてやる。
そう思って移動するも、船団ができていたり
爆風で釣りどころじゃなかったりで
どんどん選択肢が狭まっていく。

最終的にはプラで釣れた場所に頼らざるをえず
時間いっぱいまでココで心中する。
もうろうとした感じで時間は過ぎていきタイムアップ。

覚悟はしていたものの
やっぱり痛いノーフィッシュ。

今日の一句♪
『確信も
何もないまま
?粘ったが
? 奇跡は起こ らず
?ノーフィッシュ』

スモールってどんなサカナでしたっけ?