最終日も朝から雨。。。

が、準備を終えて出航し会場に着く頃には止んでました。

しかも、ミーティングを終えスタート待ちしてる頃には日差しが。

20101014-sp-1

って、写真では分かりませんね(笑)

?

この日は、初日の結果が結果なので飛び賞狙いしかありません。

けどゼロ申告は飛び賞の可能性が無くなるので、最低でも1本は

必要です。

と、言う事で放流を狙いに行き、またまた天○プロとM田プロに

入れて頂きウィードポケットの釣りを開始。

2日目とあってか周りも初日ほど竿が曲がらず、

時折響くドラグ音はA野プロのイタズラ。

このドラク音、野尻湖戦後のマスター選手は敏感なのです(笑)

ポークワームの色や形、リグを変えてもな~んも無し。

唯一1人の選手のみが釣れてる状況。

これで負けん気に火が着いたのかどーかは分かりませんが、

集中力が増して、スモラバのスイミングでようやく1本目をゲット。

ちょいとしてからも、DSのステイでキーパーギリをゲットし、

ここから一気にリミットメイク?と言う所で打ち止め・・・。

最後にネイティブ狙いに行きましたが、晴天のせいなのか

ベイトの気配も全く無く、バスプロ選手権は惨敗で終了と

なりました。

ウェインの結果は、2本792gでした。

20101014-sp-2

表彰式では飛び賞からの発表。

まずは100位・・ハズレ

次に75位  ・・アタリ

ちなみにマスターゼッケンとコールされた時に確信しました。

ちょっとは、「運」も持ってるようです。

20101014-sp-3

?

これで、極寒の河口湖で始まった今年のプロ戦は河口湖で幕を閉じて

無事に終了です。

応援して下さった皆様には感謝します。ありがとうございました。

しかし、試合はまだまだ続きます。

次は今週開催の近畿ブロックチャンピオンシップin七色ダムです。

頑張りまーす。