年齢とともに守備範囲が広がってきたと思いきや
方向性がマニアック?
な オヤジトーナメンターの稲垣です。

船団ができるであろう人気エリアで
リミットを揃える作戦であった為
今回のフライト抽選は重要であった。

が、毎度ながら
行きたい場所があるときに限って
フライト順が悪い。

同じプランを組んでいた三プ王さんが
早いフライト順を引き当てることに
淡い期待をよせていたが…  いつもと一緒。(笑)

で、遅いフライト順から
狙っていたエリアに直行すると
すでに船団が形成されており
厚かましくも割り込みさせてもらう。

実はこのエリア
ピンスポットともいえる場所が存在しており
プラでは温存が必要なくらいアツイ所があった。

14~15mをショートリーダーDSでドラッギング。
リグは浮かさない。
前日プラでここまで判明していたのだが
当日はショートバイトに悩まされる。

バイトが出ないことが多く
時々、軽くシェイクをいれてきいてみる。
違和感があればフッキングしてみるといった状態。
で、500gくらいのが釣れた。
ノーバイト・ワンフィッシュ(笑)

ベイトらしき反応があったり
近くをボートが滑走していったりすると
釣れることが多く、去年のこの時期と似たパターン?

しばらくして2匹目をゲット!
これも500gクラス。
いい感じで続けて釣れて
この調子でリミットが揃うかと思ったが
そこから試練が始まる。

レンジを変えたりアクションを変えたり
リグを変えたりしてみたが
船団のプレッシャーか気圧のせいなのか
まったくバイトが無くなった。

いつものごとく雲行きが怪しくなってきた。
似たような場所を探ったりしてみたが
ノーバイトのまま時間が過ぎていく。

結局、朝イチから何も起こることなく
終了時間を迎えることとなった。

ウェイン。1133g。
計っていなかったのと
エア抜きをしたらゲロ痩せだったので
思った以上にウェイトがあった。
e5a588e889afefbc92e38080e382a6e382a7e382a4e383b3

ウェイン状況を見ればキビシイのがわかったが
水温上昇を味方につけ
グッドサイズをウェインした選手もいた。

自分のプランではリミットを揃えてから
ギャンブル的にそういったサカナを狙いに行き
入れ替えをするつもりであったが
結果的にはリミットを揃えにくい状況を計算に入れて
2匹釣った時点で残りの時間をキッカー狙いに使うべきだった…。

今日の一句♪
『反省点
 思い返せば
 次々と
 今後の試合に
?? 活かせるか』