ついに迎えるホームゲームのマスターズ三瀬谷戦。

6月の終わりからプリプラに入って、

早々に三瀬谷のスーパーキッカーパターンを掴んで、

ほぼ1カ月間連日のかる~く3kg超え。

本番のMAXウェイトを4500gに設定出来るくらいに

見えまくっていたんですが、

台風6号で全てリセットされた三瀬谷ダム。

1週間前のチャプターでは激ニゴリで水質の回復を期待して、

木曜の夕方に現地入り。

車で水質を確認した感じは、予想以上に回復していました。

 

本流を下流~上流まで見て、要所要所でキーパーは拾えるものの

いつも三瀬谷にしてみりゃ、全然物足りなく厳しさは残っていて

人的プレッシャーを考えるとリミットメイクも危ない感じ。

安定してるのは各クリークですが、流入量が減っているのと増水で

本流の水が入って、先週の方が遥かにマシでした。

結局、勝負するエリアを絞り切れずにプラを終了。

 

分かった事は、本流は、水質に関係なく水の動くトコに居てる事と、

複数匹では居てなくて単発な事。

クリークは、回遊してくれば簡単にクチを使うコトぐらいで、

何処で何をするかは、フライト順で決める事にしました。

つづく。。。