1日目を42位と出遅れ、気持ちで負けた作戦を立てたことに猛省。

2日目はプリプラでキッカーを獲っていた、
上流のシャローフラットで勝負しようと思ってました。

その為にはフライトが重要だったのですが、またしてもセカンド・・。

しかも2日目なので、僕の後ろには18艇のみと完全に
ドベスタートです。

スタートして上流に向かいながら水質を確認すると、
洲山クリークの土砂撤去の影響で水質が悪化していた、
本田小屋~工事現場までの水質も回復しており、
良い感じになってました。

が、そこから目的の場所に行こうと目線を向けると、
そこには多くの選手が居て、しかも1日目の上位選手は上流なので、
行くのを断念。

とりあずキーパー場が空いてたので、そこから釣りを始める事に。

そこは、付いてる岩とシェードはだいたい分かってるので、狙うと
早々に1匹目ゲッとん。

一度狙ったトコもトレースコースを変えて丁寧に狙ってくも、
ショートバイトが多くリズムに乗り切れません。

ここでリグをオフセットフックのDSからマス針に変えたトコで、
2本目をゲッとん。

この後、すぐに3匹目もバイトしたのですが、これは口の中で
ワームが折々になっていてスッポ抜け。

良い感じなって来た時こそ、裏切られるのがトーナメント。

ここからバイトの無い時間が続きますが、
この場所は日が当ってる方が差してくるので、
日が当たるまで我慢してみましが、差して来る様子も無かったので
移動を決意。

洲山橋付近まで下ったところで、冠水した草に小さいベイトが
付いているのを発見。

その辺りを丁寧に釣ると、3匹目をゲッとん。

残り時間も少なく、ダラダラ流しても当たる確率は低いので、
ひょっとしてこのパターンは有りかもと賭けてみる事に。

こういう場所が多いもみじスロープから多度橋クリークの間の
ストレッチに戻り、ワンドのインレット+岩盤+土+草のトコで
終了15分前に4匹目をゲッとん。

ちょいと粘ってから対岸に移動して、意地でリミットメイクして
やろうと最後まで頑張ったものの時間切れで終了となりました。

検量すると、4匹で1468gと単日4位。

総合成績は、捲りに捲って11位となりました。
2011080501

が、入賞まで1pt差で、しかも初日のプッツン病が無ければ、
お立ちもあったので、またしてもタラレバ試合。

いつになったら成長するんでしょうか。

まっ僕らしいとの話もありますが(笑)

次の試合はマスターズ最終戦の舞台となる野尻湖です。

毎年、悔しい思いをしてるので頑張ります。