笑いがとれるのなら
過去の『笑えないハナシ』も切り売りしたりする
オヤジトーナメンターの稲垣です。

トーナメント当日。
朝のミーティングをして約100名の選手を
全員送り出してからスタート。

西ノ川は人が多そうなので敬遠。
土曜より約50㎝減水していて
その影響があるとわかっていて大又川へ向かう。

予想通り大又川方面に来ている選手は少ない感じであったが
狙っていた場所に近づくとボートの数が多くなり
おいしい場所には先行者がいました。

仕方が無いので周辺からチェックを開始。
すでにプレッシャーがかかっているのか
昨日までウロウロしていたサカナが少なくなっている。

減水の影響もあると思うがキャストすると
着水前にサカナが逃げてしまう。

それじゃあ カバーを攻めてリアクションで…。
チョイチョイ♪と即行リミットメイク。
あとはウェイトアップが問題。

昨日のキッカーの捜索を開始。
時間は余裕で十分にあるので
エレキで流しながら入ってそうなカバーや
岩陰周辺を丹念に探っていく。

シャローで黒い影を発見しキャスト。
遠くて見えにくくアタリが出ないけど
雰囲気でフッキングしてみる。

ギューーーーン。
喰ってました。(笑)
で、キッカーが混じりました。
e38397e383a9e38080efbc94efbc95
かなりの距離を流して枝振りのいいカバーでデカバス発見!
フッキングしたあとに潜らせたら獲れそうな感じ。
そぉぉぉぉぉーと近づいて少し上流側からルアーを見せる。
パクっ。喰った!フッキング!
フッキングしても巻かない。
予定通り潜ってくれて
沖に出すことに成功しここまでは楽勝。

やりとりしながらネットを準備。
いよいよランディングという時に
サカナがネットを見た瞬間、急に横向けて走り出した。

あかん。あかんて。油断してました。
近くにあった別のカバーに逃げ込まれてしまいました。
で、お決まりの『木化け』。

まだ時間がたくさんあったのでアセリもせず
次のサカナの捜索を再開。で、すくに発見。
ちょろい。ちょろい。

今度はちょっとゴージャスなカバーだったので
テキサスで攻めることにする。
細めの枝に引っ掛けてから
クラッチを切ってゆっくりと落とす。

冠水していた葉っぱに隠れていたサカナが
顔を出し躊躇せずにパクっ!
フッキング。グリグリ巻いて途中まで上がってきたが
枝にひっかかり、もがいている。

ネットを突っ込んでランディングしようと
ボートを寄せる途中でサカナが開放されたように逃げていった。
本日2回目の『木化け』。

そんなことをしていたら勝てません。
その後、いいサカナに出会うことなく終了。
少し早めに戻ろうと思って会場に向かう。

ウェイン。
2100gで6位。
また6位。おザブの6位。定位置の6位。大スキな6位。
もう慣れました。6位は居心地がいいですわぁ…。

今日の一句♪
『仕方ない
 ミスをしたのが
 命取り
 本気じゃなかった
 ことにする』

マジで勝ちにいったのに…。