マスターズ第3戦

| 杉田 |

7/26・27はマスターズ第3戦でした。

2週前からプリプラに行く予定でしたが、ETC割引が変更になったのと
燃料の高騰で例年通り1週前からとなりました。

ハイランドレイクの河口湖は三重に比べると、涼しくて夏の感じ
はしません。

が・・・現地の方は暑いと。

夏の河口湖はこのギャップで季節感を感じるのが難しい。

水温も僕の魚探で24~26℃とコッチの方とも差があるので、
バスのポジションを探すのに時間が掛かるのです。

2日間、サイトでシャローのバスを確認しウィードの状態を見て、
4~6mのウィードのアウトサイドエッヂに居そうと言うのが何となく

分かったのみ。

で、ポークのDSでチェックして、ナイスキーパーがポロリと
釣れるも、殆ど交通事故的・・・

securedownload

シャローはフィーディングしてるデカイのは居てるのですが、
エリア的に人気エリアでしか見つけられなかったので、
試合ではプレッシャーでフィーディングしなさそう。

と、例年通りに翻弄されてプリプラ終了。

前日プラで、奥河口方面からチェックすると、
デカバスウロウロ。

普通に狙うと激無視・・・どころか空中にルアーがある状態で
逃げるほどの天才系。

かなり離れた所でノンキーかギルにスイッチ入れて、近づけると
興味は示すけど、それだけ・・・

で、アウトサイドエッヂのチェックを入れると、思った場所で
釣れる。。。

この日はキーパー6本釣って、推定2500~3000g。

これは頂いた?と、勘違い(笑)

そんな勘違いでスタートした初日。

securedownload02

(写真はJB・NBCNEWSより)

真っ先に本命のエリアに入って、4mから釣り開始するも「無」

晴天でレンジが下がったかなと1mづつ下げて8mまで
やってみるも「無」

ならばと3mのフラットエリアを試すと、ようやくキーパーが釣れて
この1匹で完全に分かんなくなったorz

この後はどっちつかずの釣りとなってしまって、初日終了。

2日目は頭をクリアにしてプラのつもりでバス探し。

まずは初日のエリアに入って釣れない事を確認して、近くの岬に移動。

絶対に回って来る場所なので、時間を掛けますが「無」

徐々に風が強くなって期待しますが「無」

移動しようと考えてたタイミングで根がかり・・・

これを外した瞬間にバイトが出てノンキーヒット。

リアクション?と移動する前に爆風に流されながら、DSをボトムで
ジャークさせると喰った。

大事な1匹をライブウェルへ。

これかなとリアクションでランガンするも後は続かず。

時間もそうないので、残されたのは奥河口のデカバス勝負!

今年の河口湖はジョクロが釣れてるようで、178をキャストしている
選手が多い。

同じ事をしてもダメそうなので、148の高速巻&ジャークで狙います。

初日も試したのですが、ニゴイが深いトコから突進して
激反応してたので、アピール力は問題無さそう

1の瀬~3の瀬、奥の3連と流してチェイスはすれども喰うまでに至らず。

結局、2日目も1匹で終了し第3戦を49位で終了。。

結局、見失ってからリカバリー出来なかった試合でした。

バスは4~5mのアウトサイドに居てたみたいですが、喰わせ方が
ステイの放置プレーだった様です。

そうそう、ジョイクロゼプロもプラから投げ倒してたんですが、
水面まで伸びたウィードトップを狙うのは、ウィードに突っ込まずに
引っかかる事も少なく引けます。

ゼプロと178Fの使い分けで物凄く幅が広がるのでお楽しみに!

<使用タックル>

Set1

ロッド:killers-00 KGS-00 1-600L /メルト

リール:ダイワ

ライン:クレハR18 4lb

ルアー:豚皮

Set2

ロッド:killers-00 KG-00 6-710EXH / デッドソード

リール:ダイワT3-MAGO

ライン:G-BLOOD16lb

ルアー:ジョインデッドクローゼプロ

Set3

ロッド:killers-00 KG-00 4-660MH / ディクテイター

リール:ダイワ

ライン:G-BLOOD12lb

ルアー:ジョインデッドクロー148F